実は誤解だった!「彼氏に飽きられた」と勘違いしてはいけない3つのコト

拡大画像を見る

どうもあかりです。交際後の付き合ってしまえば、男性であれ女性であれ、必ず良くも悪くも相手に対する接し方は変わります。その変化を見て「私、彼氏に飽きられたのかな?」と感じてしまう女性も多いですが、今回は「それを見て"飽きられた?"って思うのは誤解だよ」といえるものを3つご紹介していきます。


LINEが減った

彼氏から送られてくるLINEが減ったのを見て、「もう私に興味がなくなったのかも」と感じる女性は少なくありません。ですが、男性にとっての「LINEの目的」を知ると、これが誤解だとわかります。男性にとってLINEは、基本的に「好きな人をゲットするためのツール」です。逆に「彼女に愛情を伝えるツール」としての価値を見出している男性は、かなり少数。
あなたの彼氏が無事にあなたを手に入れられた段階で、「ゲットする」という目的が達成されているわけですから、LINEが減ったり、メッセージの内容が変わるのはむしろ自然です。


「好き」が減った

付き合ってしばらくたつと、必ず「好き」などの愛情表現は減ります。女性は「付き合い始めてから徐々に"好き"が強くなっていく」ことが多いですが、男性は「告白する時点が"好き"のピークで、そこから徐々に落ち着いていく」のが普通ですから、交際初期だけ特別に愛情表現が多くなるからです。「付き合ったばかりの頃はあんなに"好き"と言ってくれたのに......」と、交際初期の頃を基準にするのは損です。


アレの回数が減った

お泊りやおうちデートをするときに求めてくる回数が減った、というのも女性としては微妙にショックですよね。でもこれも、「付き合ったばかりの頃が異常に求めすぎてきているだけ」なので、交際初期を基準に考えてはいけません。ベッドでイチャイチャする「回数」や「頻度」なんてどうでもいいです。大事なのは、たまにでもいいから二人が幸せって思いながら愛し合う機会が「ゼロ」じゃないこと。


大事なのは、「デートのときに笑ってくれているか」だけ

結局、彼女として「愛されているか」の基準にすべきは、彼氏が「デートのときに笑ってくれているかどうか」だけだと思います。
たとえ「好き」とか直接的な愛情表現が少なかったり、LINEがたまにしか来なかったりしても、あなたの彼氏がデートのときに楽しそうにしてくれてさえいれば、それだけで十分ですよ、実際は。だって単純に考えて、好きじゃない人とデートしてるときって全然楽しくないし、「楽しんでるように見せよう」なんて思う必要もないでしょ?(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/19 14:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます