電車で毎回声をかけてくる中年女性 妊婦が乗る車両を変えると…?

拡大画像を見る

えなり(enari_manga)さんが描いた『優先席の番人おばちゃんの話』という実録漫画をご紹介します。

第1子を妊娠中に、地下鉄道を使って通勤していた、えなりさん。

いつも、優先席で読書をしている、見知らぬ中年女性がいたといいます。中年女性は、お腹が大きいえなりさんを見かけると、たびたび声をかけてくれて…。

『優先席の番人おばちゃんの話』

毎回席を譲ってくれる中年女性に対し、申し訳なさを感じていた、えなりさん。

乗車する車両を変えても、なぜか毎回中年女性と遭遇してしまい、何度も席を譲ってもらったといいます。

妊婦だったえなりさんは、中年女性の親切な対応のおかげで、通勤時に立って過ごしたことはほとんどありませんでした。

見知らぬ相手に対して、積極的に親切な行動ができる人は、そんなに多くはないでしょう。

パワフルな中年女性の優しさは、妊娠中だったえなりさんの身体だけでなく、心まで癒してくれたに違いありませんね。

[文・構成/grape編集部]

出典 enari_manga

関連リンク

  • 7/19 13:29
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    7/20 15:02

    今日電車に乗る前に誰かれかまわずわめき散らすクソヤロウにあった💥💥自分もだけどみんな避けてて同じ車両にすら乗ろうとしなかった。そういう作戦なのかね😥

記事の無断転載を禁じます