国民民主・玉木代表「文科大臣が明確な指針を出して救済措置を」米子松蔭野球部問題に

拡大画像を見る

 国民民主党の玉木雄一郎代表が19日、ツイッターを更新。学校関係者にコロナ感染者が出たことから県大会を辞退した鳥取県の米子松蔭高野球部の問題について「これは文科大臣が明確な指針を出して救済措置を講じて欲しい」と訴えた。

 米子松蔭野球部は、部員ではない学校関係者がコロナ感染したため、県大会を辞退するも、部員のツイッターによる「あまりに辛い」という投稿が拡散され、各方面で出場の道を模索するべきという声が上がっている。

 これに玉木代表は「これは文科大臣が明確な指針を出して救済措置を講じて欲しい」と文科大臣に呼びかけ。学校側の「辞退」となっていることにも「高野連など規制する側が出てきて説明責任を果たすべきだ」とも訴えた。

 「コロナ対策全般にも言えるが、国民側の『自粛』に委ねるやり方は、制限する側の説明責任を曖昧にしてしまう」との考えも示していた。

関連リンク

  • 7/19 12:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます