なにわ男子・大西流星に明石家さんま「今日は無視」激辛ダメ出し!東京進出に「赤信号」

拡大画像を見る

 なにわ男子の大西流星(19)が7月13日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。ボケ発言などがスベってしまい、MCの明石家さんま(66)にダメ出しされていた。

 さんまは初出演の大西に、大阪の番組で一度共演しており、そのときは「関西で頑張る」と言っていたと振り返り、大先輩のKinKi Kidsを例に出すと、「東京進出して、スターになっていくんやもんなぁ」と期待した。

 そして、さんまが、メンバー同士のケンカについて問うと、大西は「ケンカはしない」と否定。もし、揉めても、収録になると円陣を組むとし、「そこで、いったん、プライベートのことと仕事は分けよう、みたいな感じ」と説明した。

 さんまが「(円陣は)どういう掛け声?」と問うと、大西は「えっとぉ……」と少し考え、「おまえら!」と叫んだ。しかし、掛け声が中途半端だったためか、さんまは「今作ってるやろ、それ。そんなんアカンで、テレビ出たいからウソついて」と、大西をウソつき扱いした。

 大西の必死な否定に、さんまは「ホンマか?」とツッコミながら、ボケるよう目配りで促したが、大西は理解できなかったようで、見当違いのボケを披露。スタジオの微妙な空気に、さんまが苦笑いを浮かべていると、大西は「悔しい」とつぶやいた。

 また、“私が決めているちょっとしたルール”というトークテーマで、弁当のごはんの温度が話題になると、コスプレイヤーのえなこ(27)が「冷めてるごはんがスゴく好きで、カレーライスとかも、脂が浮いてて、ごはんが冷めているほうが好き」と主張した。

■緊張で力を発揮できず

 すると、大西も「僕も冷えてるほうが(好き)」と同意。さんまが「ウソやん! 小さいころ、お母さんが温かいごはん作ってくれたやろ?」と驚くと、大西は「そうかもしれない……」と、首をひねってボケた表情を浮かべたが、さんまが「そこ違う!」とダメ出し。

 そして、さんまは「(ボケの使いどころが)むちゃくちゃや、俺、今日、無視ね」と、ドン引きする素振りを見せ、大西は立ち上がって苦笑い。麒麟の川島明(42)が「そら、アカンわ。イエロー2枚や」と、サッカーのルールなら退場だとイジっていた。

 なにわ男子は関西ジャニーズJr.内のグループで、関ジャニ∞の横山裕(40)と大倉忠義(36)がプロデュースを手掛ける。メンバーの西畑大吾(24)と道枝駿佑(18)は、ドラマや映画、舞台でなどで活躍していて、東日本での知名度も上がってきており、デビュー間近と言われている。

 “りゅちぇ”こと大西は、あざとかわいい男子として知られ、関西のノリを活かしたトークで、バラエティにも活躍の幅を広げているが、今回はさんまが懸命に話を振ってもトークは空振り。存在感を発揮するのは、まだ先のことのようだ。

関連リンク

  • 7/19 12:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます