井村屋「あずきバー」がマレーシアに進出した結果…! 完全ローカライズされたデザインがこちらです

拡大画像を見る


井村屋の人気アイス「あずきバー」が発売されて今年2021年で48年。

そんなロングセラーを誇るあずきバーが、初めて日本を飛び出して、マレーシアで販売されるそう!

パッケージも中身も、それぞれ現地向けにアレンジされているみたいなのですが、日本との違いって……?

【3品のあずきバーがマレーシアで発売に!】

マレーシアで発売されるあずきバー「IMURAYA AZUKI BAR」には3つのお味が登場。

<1.RED BEAN>

井村屋の伝統製法で丁寧に炊き上げたあずきが魅力。あずき本来のおいしさをトコトン楽しめます!

<2.MATCHA>

風味豊かな宇治抹茶フレーバー。中に詰まったあずきとのコンビネーションが和テイスト満点。

<3.MILK>

クリーミーなミルクアイスがあずきと相性バッチリ☆ これは国を問わず、誰もが好きな味わいではないでしょうか。

そして、もちろんパッケージは日本とまったく異なるデザイン

モロ和風な日本のパッケージに比べて、マレーシア版はお花のイラストがあしらわれており、色使いもポップなイメージです。

【マレーシア向けに完全ローカライズ!】

マレーシア版のあずきバーは、「あずきバー」シリーズの特長を生かしつつ、完全ローカライズされています。

マレーシアの人口の約60%を占めるムスリム(イスラム教信者)向けに「ハラール認証」を取得している原材料を使っているのもそのひとつ。

ハラール認証はイスラムの教えに則って調理・製造された製品の証なので、ムスリムの人でも安心して食べることができます。

さらに、甘さや食感なども現地の好みに合わせているそうですよ!

【どんな感想を抱くのか気になる…!】

発売は2021年9月の予定


あずきバーという日本でおなじみのアイスがどのように受け入れられるのか、実際に食べた人の感想が楽しみですね。

「日本のアイスってこんなにカチカチなの~っ!?」と驚かれたりして……!?

なにはともあれ、マレーシアの皆さんにも気に入ってもらえるとうれしいですね!

参照元:プレスリリース、井村屋
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch

関連リンク

  • 7/19 6:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます