“癒し”赤楚衛二VS“クール”渡邊圭祐「演技・反響・数字」7月ドラマ“キュン”対決!

拡大画像を見る

 7月15日、比嘉愛未(35)主演のフジテレビ系ドラマ『推しの王子様』の第1話が放送された。

 同作は、比嘉演じる乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長・日高泉美が、渡邊圭祐(27)演じるゲームのキャラクターそっくりな五十嵐航と出会い、彼を理想の男性に育て上げようと奮闘するストーリー。

「『推しの王子様』は元々、深田恭子(38)が主演を務める予定だったものの、5月26日、医師から適応障害と診断されたことを発表し活動を休止。急遽、比嘉が代打で主演を務めることが決まり、開始前から注目を集めていました。いざ放送が始まると、比嘉が乙女ゲームへの情熱を語るシーンや、相手役の渡邊の演技が話題となりましたね」(テレビ誌ライター)

 比嘉のお相手・渡邊は宮城県出身の27歳。地元でモデル活動を行った後、俳優に転向し、2018年放送の『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)でドラマデビュー。以降、『MIU404』(TBS系)など話題作に出演し、今年4月期の『恋はDeepに』(日本テレビ系)では、綾野剛(39)演じる蓮田倫太郎の弟・榮太郎を演じた。

「渡邊が演じる五十嵐は、日雇いのビルの清掃員で借金取りに追われ、髪はボサボサ、着る服にも無頓着で、自身の将来にも期待を持っていないという役柄です。

 渡邊が1話で見せた演技はだらしない男そのもので、無作法で無教養で無気力な五十嵐をしっかり見せてくれましたね。その一方で、五十嵐の顔立ちは端正で、人生をあきらめたような、冷めた性格だからこそ見せるクールな表情も作中に何度も見られました」(前同)

■「リアル王子様で来週も楽しみでしょうがない!!」

 渡邊の演技に視聴者からは、「兎にも角にも圭祐くんが終始、超絶にかっこよくてたまんなかった ほんっとリアル王子様で来週も楽しみでしょうがない!!」「お顔もスタイルも良すぎるからもはや存在が二次元で頭抱えちゃった 来週も楽しみにしてよ」「渡邊圭祐くん演じる五十嵐航がどんな風に変わっていくのかも楽しみ!」と今後に期待を寄せる意見がSNSに多数寄せられている。

「1話で五十嵐はだらしないけど、“イケメン”になりうる片鱗を見せてくれました。“ダメな男”である1話の時点で、渡邊はすでにクールでカッコいい部分を感じさせてくれましたが、今後、比嘉演じる日高泉美の育成によってどう成長していくのか、大きな期待を持たせてくれる演技でしたね」(前出のテレビ誌ライター)

 渡邊のイケメン度合いが、今後どう磨かれていくのか期待が高まる一方、今期のフジテレビ系ドラマではもう1人、期待のイケメンがいる。

「Sexy Zoneの中島健人(27)と小芝風花(24)がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』に出演している赤楚衛二(27)です。この作品は、2015年9月から11月まで韓国・MBCで放送された、『梨泰院クラス』でおなじみのパク・ソジュン(32)主演のドラマのリメイクドラマです。

 初恋の相手とファッション誌編集部で再会した男女のすれ違いが描かれる作品で、ファッション誌『ザ・モスト』の副編集長を務めるエリート・長谷部宗介を中島。長谷部が幼い頃に恋した元美少女のヒロイン・佐藤愛を小芝。そして『ザ・モスト』編集部員の樋口拓也を赤楚が演じています」(前同)

■視聴率で軍配が上がったのは……

 赤楚は10代の頃から愛知県名古屋市にて“赤楚衛(あかそまもる)”名義でモデルやタレントとして活動し、2010年から2012年頃まで男性アイドルグループ・BOYSANDMENのメンバーでもあった。

 2014年にら小栗旬(38)や綾野らが所属する事務所に入り、2017年9月から『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)で主要キャラの万丈龍我 (仮面ライダークローズ)を好演するなど実績を重ねていった。

「赤楚が演じる樋口はつかみどころのない人物で、編集部内で“変人”と言われています。ただ、樋口は冷徹な中島健人演じる長谷部の言動に苦しみながらも、編集部で必死に働く小芝風花演じる佐藤を優しくフォロー。

 ご飯を食べていない佐藤にさりげなくおにぎりを差し入れたり、落ち込む彼女を飲みに連れて行ったり、兄貴分として支えてあげています。赤楚演じる樋口は、まるで少年のような笑顔を見せるときもあり、明るくて優しい彼の存在は癒やしを与えてくれますし、女性ファンから“かわいすぎる”と支持を受ける赤楚によく合っていますね」(前出のテレビ誌ライター)

 赤楚の演技に視聴者からは、「カノキレの赤楚くんかっこかわいいすぎて、見てるあいだずっとニヤニヤしちゃう」「赤楚くんのことじーっと集中してみたらだめだよ…かわいいもん…やられちゃうよ…樋口くん優しいしコロッといっちゃうよ…。薄目!薄目で見なきゃ!」「樋口くんがひたすらに癒し……声大きめで肯定してくれるひぐちくんさいこう……弊社にもひぐちくんください」といった反応が寄せられている。

「大人気の赤楚さんは10月クールの、同じフジテレビ系の木10ドラマ、安藤サクラさん(35)の主演作への出演も決まっているといいます。つまり、渡邊さんが出演中の『推しの王子様』の次の作品に、赤楚さんが出るということですね。人気沸騰中の渡邊さんも、すでにさらなる大きな仕事が決まっているのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)

 もの凄い勢いで視聴者を胸キュンさせまくっている両者。

「赤楚さん出演の『彼女はキレイだった』は、7月13日放送の2話で世帯視聴率7.0%、個人視聴率は3.9%。渡邊さんが出演する7月15日放送の『推しの王子様』は世帯6.0%、個人3.3%でしたので、“2大胸キュン俳優”が出演するドラマでは、『彼女はキレイだった』に軍配が上がりました。

 赤楚さんも渡邊さんも主演ではないので、一概に2人の存在、演技が視聴率に結びついているとは言えないでしょうが、ただ、圧倒的な魅力を見せる両者のためにドラマを見ようとする人はこれから増えるでしょう。ドラマの展開も気になりますが、彼らの人気がどのくらい増していくかも楽しみですよね」(前同)

 視聴率はそこそこと言えそうだが、民放局の番組が配信される動画配信サービスTVerではかなり視聴されている両ドラマ。クール系の渡邊と癒やし系の赤楚――今夏は、フジテレビ系ドラマに降臨したイケメン俳優の“沼”に落ちないよう要注意!?

関連リンク

  • 7/19 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます