「TOKYO MER」3話、菜々緒“夏梅”のTOKYO MER志願理由に共感の声…濱正悟の出演にTL沸く

拡大画像を見る

鈴木亮平主演の本格救命医療ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」3話が7月18日放送。SIT隊員を演じた濱正悟の出演に「子供らが感激してます」などの反応が集まる一方、菜々緒演じる夏梅がTOKYO MERを志願した意外な理由に数多くの共感の声が寄せられている。

“MER”=モバイル・エマージェンシー・ルームは、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すチーム。本作は“一人も死者を出さないこと”をミッションにした救命救急のプロフェッショナルチームである「TOKYO MER」の活躍を描いていく。


海外の紛争地やへき地で医療に従事し、どんな状況でも諦めない救命救急医で、謎の“空白の1年”を経てTOKYO MERのチーフドクターとなった喜多見幸太を鈴木さん。成し遂げたい理想の医療政策を持つ厚生労働省の官僚で、厚生労働大臣の命でTOKYO MERを潰すために派遣されたスパイ的な存在でもある音羽尚に賀来賢人。

救命救急の知識と経験が豊富な看護師で、保育園に通う娘を持つシングルマザーでもある蔵前夏梅に菜々緒さん。循環器外科の研修医だったがTOKYO MERを兼務することになる弦巻比奈に中条あやみ。TOKYO MERの看護師・ホアン・ラン・ミンにフォンチー。TOKYO MERの麻酔科医の冬木治朗に小手伸也。TOKYO MERの臨床工学技師、救命士の徳丸元一に佐野勇斗。喜多見の元妻だった医師の高輪千晶に仲里依紗。初の女性総理大臣の呼び声も高い、TOKYO MERの発案者で喜多見をチーフに任命した東京都知事の赤塚梓に石田ゆり子といった面々が出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
銃を持った男が飲食店に立てこもる事件が発生。警察の制止を振り切り多くの負傷者をトリアージしていく喜多見。負傷者の中に犯人の元妻もあり、妻の証言で人質に取られている幼い娘が1型糖尿病で危機的状況にあることがわかる。発作の危機が迫る少女の命を守るため、夏梅が自ら身代わりを志願する。一旦は救出されたものの、犯人の銃撃で一緒にいたSIT隊員の中野が撃たれてしまい…というのが今回のストーリー。

負傷する中野を演じたのは「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」ルパンブルー/宵町透真役で注目を集めた濱さん。濱さんの出演に「ルパパトファンのうちの子供らが感激してます~」などの声が上がるとともに、「ルパンブルーな中野隊員(濱正悟さん)の出番がちょっとあって嬉しい。通信室にはキラメイピンク(工藤美桜さん)がいる」と工藤さんとの共演に触れたツイートも。



その後事件は無事解決、夏梅は保育園に娘を迎えに行き、一緒に自転車で帰宅するのだが、そこで夏梅が“ナイチンゲール”に憧れてTOKYO MERを志願したことが判明。夏梅の意外な志願理由に「夏梅さんナイチンゲールに憧れてか泣けるなー」「ナイチンゲールに憧れてMERに入った菜々緒さま最高すぎる」「ナイチンゲールに憧れて看護師なった私も菜々緒になれるかな?」「動機が同じだし災害看護に興味があるから親近感湧いちゃった」など様々な反応が集まっている。



(笠緒)

関連リンク

  • 7/19 6:40
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます