日本を代表するラッパーのXが薬物逮捕寸前! ガサ入れ&事情聴取も…

拡大画像を見る


 日本を代表するラッパーの一人、Xが違法薬物である大麻やコカイン吸引の疑いで厚労省のマトリからガサが入り、逮捕間近という情報が入ってきた。

 Xはかつて大手レーベルと契約していたが、このガサ入れが元で所属レーベルとはケンカ別れしたという。優れた音楽を作ることで定評があるXは、数々のミュージシャンに楽曲を提供しており、また映像などにも優れた才能を示している。

「地元でも札付きの悪だったXは、音楽を通じて更生活動なども行っています。しかし、周辺者に違法薬物をやっている人間が多く、果たしてそれが更生活動に繋がるのか疑問視をされていました」(芸能記者)

 違法薬物常習者との交際を何度も注意されたことにキレて、Xは事務所を退所したのだが、それから数カ月後にガサ入れや事情聴取などが行われたという。

「捜査はかなり大々的に行われて、Xの都内の自宅は当然のこと、不倫相手の女性ダンサーや関係者宅などに捜査の手が入りました。しかし、本命のXは尿鑑定も陰性で、違法薬物も発見されずに現在に至っています」(前出芸能記者)

 しかし、この捜査で地元の友人数人が大麻所持の大麻取締法違反やコカインの所持・使用などの麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕され、Xの違法薬物使用歴などをすべて自供しているという。

 普段はラッパーとしての仕事のほかに、真面目な仕事もやっているXだが、どうやら遊び癖は治らずに違法薬物に溺れているようだ。

「Xの後輩が都内繁華街の小さな個室がある居酒屋を経営していて、そこの個室で大麻やコカインをやって騒いでいるそうです。時短営業で夜中は人通りも少なく、店も閉めているので見つからないと周囲に話しているようです」(前出芸能記者)

 だが、Xの違法薬物のことは捜査当局に筒抜けになっている。若者に影響力のある有名人なだけに、違法薬物での逮捕は避けてもらいたいものだ。

  • 7/18 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます