100均DIY♡キラキラと動く「ウォータースマホケース」の作り方

拡大画像を見る

海外でも話題になっているウォータースマホケース。ウォータースマホケースとは、中に液体が入っているスマホケースのことです。スマホを傾けると中の液体も一緒に動くので、摩訶不思議なスマホケースで回りと差をつけられます♪そんなウォータースマホケースが100均のアイテムだけで作れると話題に!ARINE編集部も早速挑戦してみました!


海外で話題のウォータースマホケースが作れる?!



スマートフォンを傾けると同時に中の液体も動く摩訶不思議なスマホケース。市販でもよく見かけるのですがが100均のアイテムだけでオリジナルのウォータースマホケースが作れたら嬉しいですよね♪しかも、一般的にある身近なもので作れちゃうので、ぜひ、挑戦していてくださいね♪


用意するのはこちら!



1. 集めのジップロック
2. ヘアアイロン
3. クッキングシート
4. ベビーオイル
5. グリッターやラメ、お好きなパーツ
6. スマホケース(透明でソフトな物)


1. スマホの型どり



まずは、スマホの型を取ります。クッキングシートにスマホケースを置きカメラの部分をペンで囲みます。スマホケースの周りもペンで囲みハサミで切り取ります。スマホ型のクッキングシートができたら次の工程へ♪


2. ヘアアイロンで温める



クッキングシートをジップロックの中に入れ、ある程度の大きさに合わせてハサミで切ります。その上からさらにクッキングシートを重ね、アイロンが直接ジップロックに当たらないように包み込みます。

ヘアアイロンを110度~120度に設定し、クッキングシートを鋏みながら何度も滑らせます。上と下のジップロックが熱で完全にくっつくまで、続けます。


3. 透明の袋が完成♪



スマホの形に型をとったクッキングシートにそって、ハサミで切ります。これでスマホの形をした透明の袋が完成♪


4. 好みでデザインを変えて



袋の上部分を切り取りお好きなラメやグリッター、スパンコールなどを入れたら、ベビーオイルを全体が湿る程度に流し込みます。


5. キラキラの袋が完成



先ほど開けた口をもう一度クッキングシートではさみ、ヘアアイロンで温めます。これで、ラメとオイルが入った袋が完成です♪


6. セロハンテープで貼り付ける



出来上がった袋をスマホケースの後ろから貼り付けます。セロハンテープでも良いのですが、100均で売られているグルーガンで貼り付けるのもおすすめです♪セロハンテープでとめるのは上、下の2か所で大丈夫です。


キラキラ動くスマホケースが完成♡



ほぼ100均のアイテムだけでつくることができました♪テーブルクロスや、ラメ、グリッター、ベビーオイルも100均でそろえることができるので、手軽にDIYができちゃいます!温めるのも専用の機械ではなく、ヘアアイロンで代用できるので、身近なもので作れるのも良いですよね!冬にピッタリのスノードームのようなスマホケースをぜひ、作ってみてください♪

関連リンク

  • 7/19 6:30
  • ARINE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます