嵐・櫻井翔『夜会』のスノ・ラウールへの“ガチ説教”が炎上!?「最低限の礼儀」にファン同士が衝突

拡大画像を見る

 7月15日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、Snow Manのラウール(18)、目黒蓮(24)、深澤辰哉(29)が休日の過ごし方や、グループ内のLINE事情を明かした。いまや、「一番CDが売れるアイドル」に成長したSnow Man、メンバーそれぞれがレギュラー番組や映画出演するなど、売れっ子として多忙な日々を過ごしている。先輩である嵐の櫻井翔(39)が「休みの日はちゃんと休めてるの?」と聞くと、

 深澤は「掃除したりとか、ゲームしたり」、目黒は「僕はひたすらベランダで外見てます」「空見たりとかして、ひたすらボーッとしてますね」と休日の過ごし方を告白。また、目黒はラウールとよく散歩に出かけるといい、「僕ら散歩するときに、小道が大好きで。なるべく大通りに出ないで、どんだけ小道でいけるか」と小道を散歩して、おじいさんとおばあさんが手をつないで歩いている様子を見るのが好きだと語った。

 またラウールは、1人でも散歩したときにはそのコースを目黒に送ってくるといい、櫻井は「なんで目黒にだけなの?」と質問。これにラウールは、「僕、本当友達とかあんまいないんですけど、結構唯一ぐらいの友達」とコメント。

 ラウール、目黒、向井康二(27)は、Snow ManがCDデビューする前に、新メンバーとしてグループに参加、3人の絆は特に強い。デビュー前の2019年、YouTubeの『ジャニーズJr.チャンネル』の絶叫マシン企画では、目黒とラウールが恋人つなぎでじゃれあう姿に、ファンはほっこり。目黒と向井は2人で『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)にレギュラー出演しているが、向井が目黒の等身大パネルを作ってキスしたり、何かと「めめ、めめ」と愛情をダダ漏れさせ、“めめこじ”の仲のよさは番組でも浸透している。

 友達は目黒だけと言っていたラウールだが、最年少メンバーとあり、Snow Manの他のメンバーからもかわいがられている。新メンバーも含めてSnow Manは、グループ仲が良く、休日にメンバー同士が買い物や今何しているかなど、グループLINEでプライベートを報告し合うこともしばしば。Snow Manは、2020年末の『第71回NHK紅白歌合戦』に出場予定だったが、メンバーの宮舘涼太(28)が新型コロナウイルスに感染し、出場を辞退。そのときも目黒がグループLINEで「これピンチだけどめっちゃチャンスに変えれると思うから、俺らなら」と、YouTubeでこんな動画を上げようなど、みんなを鼓舞していたとラウールは語った。

■目黒、ラウールが騙されそうで心配?

 番組後半、櫻井がラウールに「悩みとかないの?」「18歳の悩みとか聞く機会ないからさ」と質問。ラウールは「もともとSnow Manて6人組みで、そこに僕と目黒と向井康二が入ったんですけど」「つい最近まで、テレビでもまったく出ないしって感じだったんで、急になんかこういう世界にきて、なんかやっぱ動揺はあります」と語った。もともとラウールは人見知りが激しいといい、目黒は「ラウールがこれから、こういう大人には騙されないほうがいいよ、こういう大人は信用していいよ、みたいなのってなんかあります?」と相談。

 これに17歳でデビューした櫻井は、「あんまりいいこと言われたりとか、いい話があっても、聞き流してたほうがいい」「それで急に2段、3段飛びなんて絶対にありえないから」と助言。仕事やお金の話など、うまい話はないと続け、そんな話に「飛びつく暇があったら、努力してほうがよっぽど近道」だとアドバイスした。

 有吉弘行(47)に「楽しくない?」と聞かれたラウールは、「楽しいです」と即答。しかし、人見知りなために初対面の人に「ビビっちゃう」「おしゃべりがとにかく苦手」と告白。有吉は、「ラウールのこの外見とこのデカさとかあってさ、それでやっぱり人見知りあるぐらいがちょうどいいよ」「かわいいってなるから」と励まし、「これでバーッてこられたら怖っ! ってなるから」と続け、ラウールを笑わせた。

「東京ガールズコレクション」でラウールと共演したみちょぱ(22)は、最初は「イケイケな人」だと苦手意識があったが、その後番組で再共演して、そうではないと知り、「逆に好印象になった」とコメント。ラウールが「めちゃくちゃ陰キャラなんです」と自己分析すると、櫻井は「オンステージでめちゃめちゃ輝いてればそれでいいから、人見知りでもいいからっていう人多いと思うけど」「最低の礼儀はあるから、そこだけは守っておいたほうがいい」と語り、「無礼とか失礼とかのとこまで忘れちゃって、そっち(仕事)だけやっとけばいいよって絶対にないから」とガチアドバイス。ラウールも真剣に櫻井の言葉に耳を傾けていた。

 このやり取りに、視聴者からは「櫻井くんものすごく良い話たくさんしてたな」「櫻井の兄貴がラウールに向けて言ってた言葉。アニキはやっぱり素敵だなって思った」と称賛の声が上がった一方、「櫻井くんの最低限の礼儀のお話は最年少ラウールに対してだと思っている」「櫻井くんはラウールくんに対して厳しめだね」「ラウールが“もちろんもちろん”と相槌打ってるのほんとに分かってるんか? となった」と、櫻井のアドバイスは一般論としてでなくラウールの現状についての説教だと受け取った人が続出し、プチ炎上。

「未熟なラウールを心配してくれての発言だよね」「別にラウールが礼儀がなってないと言うことではないと思った」「なぜこんな曲がった受け取り方しかできない人がいるんだろう」「これじゃラウールくんも櫻井くんもかわいそう」など、冷静なコメントも多数上がっていた。

 思わぬ炎上に一番驚いているのは、櫻井とラウールかもしれない。

関連リンク

  • 7/19 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます