5年ぶり「こち亀」201巻10月4日発売 19日発売ジャンプでついに日暮登場

拡大画像を見る

 1976年にスタートしたギャグ漫画の金字塔「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の第201巻の発売が決定したことが18日、分かった。発売予定日は10月4日となっており、2016年9月17日発売の前巻、第200巻以来、約5年ぶりの最新刊となる。

 「こち亀」は2016年9月に週刊少年ジャンプでの連載が終了した後も単発で新作が発表されてきた。きょう19日発売の同誌には、4年に一度、オリンピック開催年に目覚める特殊体質の超能力警察官・日暮が登場する最新エピソード「お待たせ!日暮の巻」と、201巻の発売告知を掲載する。

 201巻には展覧会「こち亀展」でしか読むことができなかった「想い出の巻」、再編集版コミックスの集英社ジャンプリミックス「平成こち亀」シリーズに掲載された描き下ろし作品3編、2017年以降に週刊少年ジャンプに掲載されたエピソード、作者の秋本治氏(68)が紫綬褒章を授章した時の書き下ろし号外漫画などが収録される予定だ。

関連リンク

  • 7/19 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます