依存しちゃダメなの...?「良い依存」と「悪い依存」の違いって?

拡大画像を見る

恋人に依存している人って皆さんの周りにいませんか?意外と、恋人に依存してしまう人って多いんですよね。
そもそも、恋人に依存することってそんなにも悪いことなのでしょうか。
今回は、恋人に依存しているかもと思う女性の皆さんに向けて、良い依存と悪い依存の違いについてご紹介していきます!


好きと依存の違いって?

そもそも、「好き」と「依存」の違いって皆さんご存知ですか?分かるような分からないような、そんな感じだと思います。
好きと依存の違い、それは、気持ちが自分に向いているかどうか。依存してしまうと、気持ちが自分よりも相手に向いてしまうので、自分が見えなくなってしまうこともあるんですね。


良い依存の特徴

恋人に対して依存することは、一概にも悪いこととは言い切れません。依存にも、良い依存と悪い依存があるんですけども、良い依存の特徴としては、
○プライベートな時間を確保しながら会える時は極力会っている○お互い依存していることを認識できている○暇な時は常に彼のことを考えてしまう
といった特徴があげられます。つまり、自分の時間と彼との時間を上手に使い分けているのが良い依存の特徴!


悪い依存の特徴

世間一般的に悪いと言われる恋人への依存の特徴としては、
○常時彼のことを考えてしまう○1人の時間を欠いてまで彼と会っている○依存していることに気づいていない○彼を疑う○気持ちに無理をしているという自覚がない
といった特徴が悪い依存の特徴として考えられます。良い依存は、自分のことを見失うことなく、彼と接していましたが、悪い依存の場合、自分を見失っていることすら自覚できないんです。


良い依存と悪い依存を見極めるキーワード「自立」

ここまで、良い依存と悪い依存、それぞれの特徴についてご紹介しましたが、良いか悪いかを見極めるキーワード、それは「自立」できているかどうか。
皆さんは「自立」できていますか?自分の時間を確保できていなかったり、彼のことを考えたり会ったりして生活に支障が出てしまっているようであれば、それは自立できているとは言えません。


これからも幸せであれば依存でもOK

結論を言ってしまうと、依存していたとしても、自分の時間を確保できていたり、生活に支障が出ていなければ、依存していてもよいのではないでしょうか!
もちろん、どちらかが無理をしているようであれば話は別ですが、今もこれからも幸せを作れていけるようなら、依存し合っていても問題はないかと。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/19 5:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます