「わかりみが深い」ってどう使うの?知っておきたい《正しい意味と使い方》はコレ!

最近よく聞く「わかりみが深い」という言葉。どんな意味や使い方をする言葉か知っていますか?今回はよく知らない!という人のために、正しい意味や使い方をご紹介していきますよ。

「わかりみが深い」の意味


最近耳にすることが増えた「わかりみが深い」という言葉ですが、正しい意味をよく知らない!なんて人もいますよね。まずはそんな人のために意味をご紹介していきます。「わかりみが深い」という言葉は、「わかる!」「それわかる」という意味と「深い」を合わせることで「とってもよくわかる」という意味になっています。意味はなんとなく理解できていた人もいたのではないでしょうか。正しい意味を知らなかった人はこれを機に覚えてみてくださいね。

「わかりみが深い」の使い方


それでは次に、「わかりみが深い」の使い方をご紹介していきますよ。意味が分かった人たちは、なんとなく使い方も分かったのではないでしょうか。「わかりみが深い」は、相手の言葉に対して共感や理解を示すときに使うことができます。「お笑い芸人の○○、おもしろいよね」に対して「わかりみが深い」のように相づちとして返したり、「○○さんの言葉は、全部わかりみが深い」のような使い方をすることもあります。「わかる!」と同じ意味合いで使っても問題ないので、ぜひ日常会話に取り入れてみてくださいね。

「わかりみが深い」の由来・成り立ち


それでは「わかりみが深い」の由来や成り立ちについてご紹介していきますよ。「わかりみが深い」は2017年頃から使われ始めた言葉です。TwitterなどのSNSを中心に、言葉の語尾に「○○み」とつく言葉が増え始めた頃ですね。そのため、「わかる」+「み」で「わかりみ」。そこに「わかる」よりも深い共感を示す言葉として「わかりみが深い」が出来上がったのではないかとされています。ネットスラングということもあり、ハッキリとした由来などは分かっていないようです…!

「わかりみが深い」、もう使える!


今回は「わかりみが深い」という言葉についてご紹介しました。これでもう正しい意味や使い方は理解できましたね!機会があれば、ぜひ使ってみてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/18 21:45
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます