「乗鞍スカイライン」が復旧!乗鞍と上高地を1日で巡るお得な定期観光バスが運行


濃飛乗合自動車では、昨年7月の豪雨により通行止めが続いていた「乗鞍スカイライン」が7月22日(木)より復旧開通することを受け、7月23日(金)から定期観光バス「北アルプス2大パノラマ 乗鞍・上高地1Day Tour」を期間限定で運行する。

気軽に3,000m級の登山が楽しめる「乗鞍」


「乗鞍」は、北アルプス(飛騨山脈)の南端に位置し、剣ヶ峰(3,026m)を最高峰とする山々の総称。23の峰と7つの湖、8つの平原があり、岐阜県高山市と長野県松本市にまたがるように裾野が広がっている。

飛騨(高山市側)からの眺めが馬の背に鞍を乗せた姿に見えることから「乗鞍」と呼ばれ、高山植物が咲き誇る花畑周辺のハイキングや、気軽に3,000m級の登山が楽しめる魅力の観光地だ。

通常の半額料金で参加できる!

今回の「北アルプス2大パノラマ 乗鞍・上高地1Day Tour」は、中部山岳国立公園内の「乗鞍」と「上高地」の2個所を1日で巡る定期観光バス。

高山市産業団体等消費活性化策支援事業補助金の活用により、大人通常9,600円のところ4,800円、小人通常7,800円のところ3,900円と、半額で参加できる。

なお全行程バスアテンダント(係員)が同行し、出発時の検温、アルコール消毒の実施等、新型コロナウイルス感染症対策を行って運行される。申し込みは濃飛バス予約センターまで。

■「北アルプス2大パノラマ 乗鞍・上高地1Day Tour」概要
・運行期間:7月23日(金)~8月29日(日)の毎日及び9月4日(土)~10月17日(日)の土日祝日
・料金:大人4,800円、子供(6~12才)3,900円
・コースに含まれるもの:バス運賃、乗鞍畳平で使用できる商品券500円分、昼食代

画像をもっと見る

  • 7/16 17:11
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます