【ばんえい・旭川記念結果】センゴクエースが差し切り、約2年ぶりの重賞V

拡大画像を見る

 18日、帯広競馬場で行われた第52回旭川記念(3歳上・重賞・200m・1着賞金200万円)は、第2障害を2番手でクリアした鈴木恵介騎手騎乗の2番人気センゴクエース(牡9、ばんえい・槻舘重人厩舎、積載重量790kg)が、逃げる1番人気メムロボブサップ(牡5、ばんえい・坂本東一厩舎、積載重量800kg)を差し切り、これに1.5秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分9秒0(馬場水分0.5%)。

 さらに6.1秒差の3着に4番人気アアモンドグンシン(セ6、ばんえい・小林長吉厩舎、積載重量790kg)が入った。なお、3番人気キタノユウジロウ(牡6、ばんえい・村上慎一厩舎、積載重量800kg)は5着に終わった。

 勝ったセンゴクエースは、父ウンカイ、母サダエリコ、その父ダイヤテンリユウという血統。2019年の北斗賞以来、約2年ぶりの重賞勝利となった。

関連リンク

  • 7/18 20:32
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます