「OSUMIは怒るだろうな」 ヒップホップ史に名を刻む〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター・ジェントルマン」のデザイナーとして広く活躍する彼だったが、やはりオオスミタケシと言えば、日本のヒップホップ史に名を刻むグループ〈SHAKKAZOMBIE〉のラッパー“OSUMI”であり、 “Big-O”である。たくましい体躯とは裏腹に、独自の感性で紡がれる詩的で繊細なリリック、排他的とも映った90年代の日本語ラップのシーンにおいて、SHAKKAZOMBIEが打ち出した楽曲の構成力や他ジャンルへの歩み寄りなどは、後のアーティストやクリエイターに大きな影響を与えた。

 今回はそんな音楽家としてのOSUMI氏の側面をフィーチャーすべく、7月7日リリースされたトリビュートEP『BIG-O DA ULTIMATE』の制作に深く関わった面々に集結してもらい、同氏を追悼する座談会を敢行。メンバーは、SHAKKAZOMBIEの相棒であり、現在は自身のブランド〈KAKOI〉をプロデュースするHIDE-BOWIE a.k.a. IGNITION MAN、長年SHAKKAZOMBIEのライブDJを担い、トリビュート盤のアドバイザーも務めたDJ HAZIME、そして収録曲「BIG BLUEMURO’s KG REMIX)」に参加したNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーで、互いにソロとしても活躍するSUIKENとDABO。気心の知れた4人が制作を振り返りつつ、時に笑いながら当時の思い出を語り合う。きっとOSUMI氏も雲の上で笑ってくれているに違いない。

――まず、今回のトリビュート盤を制作することになった背景から教えてください。

HIDE-BOWIE a.k.a. IGNITION MAN(以下、I) 僕もOSUMIもヒップホップ以外のジャンルの友達との交流があって、toeのやまちゃん(※山嵜廣和氏。同グループのギタリスト兼ボーカリスト)から、OSUMIが亡くなったことの正式リリースが出た翌日に「僕の中のオーちゃん(OSUMI)はアーティストでありラッパーだから、彼が作った音源を残したい。何かできませんか?」って連絡があったんです。やまちゃんは建築デザイナーもやっていて、〈SWAGGER〉(※99年にIGNITION MANとOSUMIの両氏が立ち上げたファッションブランド)のお店のデザインもお願いしていたことや、OSUMIとは家族ぐるみの付き合いもあったので、「よし、やってみるか」と思ったのが最初のきっかけかな。そこからカッティング・エッジ(※SHAKKAZOMBIEが所属していたエイベックス傘下のレーベル)時代からのマネージャーのハッシー、古くからの付き合いでもあるHAZIMEやYANATAKEに連絡をして、「何かできないかな」と。

――訃報を知った際、みなさんはどのような心境でしたか?

DJ HAZIME(以下、H) 俺はSNSで知ったんだよ。例えが正確じゃないかもしれないけど、マイケル・ジャクソンが亡くなった感覚に近い。亡くなった実感が沸かず、正直今でもない。3月末のお別れ会にも行ったけど、まだ実感がない状態。

SUIKEN(以下、S) 俺はNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのグループLINEで知った。ちょうどソロの制作で動いてた時期で、OSUMIくんには「Checkmate Pt.2-Double Check」のPVにEL DORADO/KODPのメンバーとして出てほしかったんだよね。前作「TOKYO MONOGATARI」が出たときに「今度ご飯行こうよ」って話してて、ホントいつでも行けると思ってたくらいだったから。

DABO(以下、D) 俺も同じグループLINEで知ったね。HAZIMEと一緒でまったくリアリティがない。今でも不思議な感じ。

――OSUMIさんが亡くなったことで、こうして再びみなさんが集まるきっかけを作ってくれたとも言えると思うのですが、その作品を『BIG-O DA ULTIMATE』を命名した経緯というのは?

I それはハッシーのアイデア。彼女はマネージャーで裏方でもあるから、内側の人間しかわからない存在ではあるんだけど、当時のSHAKKAZOMBIEを担当していて、彼女以上にSHAKKAZOMBIEを愛してくれている人間はいないからね。実は作品を作り上げる上で「ゴールをどこに設定するか?」って考えたときに、「ハッシーが喜ぶかどうか?」という考えはスタートからここに行き着くまで何もブレていないんですよ。彼女が「よし」と言ってくれる作品は間違いのない作品になるわけだから。

S (この記事を読んでる人は)「誰?」って思うかもしんないけど、彼女の尽力あってこそのトリビュート盤だからね。

I 「どんな作品にするか」っていう方向性を決める、「どの曲を選んで、どんなメンツでやるか」とか、約2カ月間の間に3回のマジゲンカをしたくらいです。

――そこにハヂメさんが入ることで、調和を保ったということですか?

H 俺はSHAKKAZOMBIEが関わってきた人たち、OSUMIくんの人間関係、選曲やフィーチャリング、リミックスをお願いするプロデューサーの大枠を提案した形だね。

I そのひな形をアレンジしながら進めていって、実現できなかったこともあるけど、ベースはHAZIMEに作ってもらいました。

――作品には往年のSHAKKAZOMBIEとつながりのある面々から、次世代を担うラッパーまでが集結しましたが、この案というのは?

I それは僕がやりたいと思ったアーティスト。単に僕が好きなだけとか、SHAKKAZOMBIEやOSUMIと関わりのない人では思い入れも違うだろうから、敬意を持って臨んでもらえる人にお願いしました。例えばBIMに関しては、7~8年前だったかな、渋谷を歩いていたら「HIDE-BOWIEだ!」って声をかけられたことがあったんだよね。彼、童顔だからさ、「どうした僕? お父さんがSHAKKAZOMBIEのこと知ってるのかな?」って返したら、「僕が好きです! SHAKKAZOMBIEが好きです!」って言われたことがあって。それがずっと印象に残ってたんだけど、その子がラッパーとして活躍していると。そんなふうにSHAKKAZOMBIEやOSUMIを好きでいてくれるアーティストやプロデューサーに参加してもらった形ですね。

――SUIKENさんもDABOさんもオファーがあって二つ返事で快諾したと聞いています。

D ニトロのメンバーがSHAKKAZOMBIEと関わり始めた時期って、ほぼみんな同じなんだよね。まだ俺らがデビューしていないときに地方に連れていってもらったり、レコーディングスタジオに行けば焼肉のお弁当が食えたり……音楽業界の甘い汁を吸わせていただきました。というのもありつつ、「ラップでお金を稼げる。生活できる」というリアルを近くでわかりやすく見せてくれたのがSHAKKAZOMBIEだったんですよ。好きなことで成功している人たちの象徴。寿司と焼肉しか食ってるところしか見てなかったもん。なので、超砕けた言い方をすると、OSUMIくんは憧れの先輩で、やりたいことを形にしながら、しかも一歩先を行ってた人。SHAKKAZOMBIEはまぶしい存在だったわけですよ。なので今回参加した曲は、そんな気持ちを胸にリリックを書きました。

S 俺はたぶんニトロの中でも一番かわいがってもらったと思う。「龍宮」(※96年にSHAKKAZOMBIEがオープンした原宿の居酒屋)でバイトさせてもらったし、いろんなレコード会社の人も紹介してもらった。音楽はもちろん、メシにも連れてってもらって、HIDEくんとOSUMIくん、TSUTCHIEくんの3人には音楽のことだけじゃなく、遊び方もいろいろ教えてもらった。そんな感謝の気持ちがあって、俺たちが参加した曲が「BIG BLUE」だったから、出だしの「そういえば」に合わせた振り返る内容のリリックを書いたんだよね。当初のミーティングで「みんなで録るから16小節は長いかもしれないから12(小節)でいいよね」とか言ったの、俺。なのに、いざ書いたら12じゃまとまらない。結局当日まで言えず、スタジオで言って怒られないかなーとか思いつつ。

I で、なかなかまとまんない。でも、僕が20(小節)だったから減らして(SUIKENのバースを)16にしようって話になって。

S ヨシテルくん(MACKA-CHIN)は「え、俺12でまとめてきたんだけど! なんか俺だけ中途半端じゃない!?」ってなっちゃって。

I DABOも16で、トラ(GORE-TEX)は12+4。この数字が意味するのは聴いてもらったらわかります。今までにないトラが聴けるのは間違いないからね。

――HAZIMEさんがアドバイザーを務めたのは、長年SHAKKAZOMBIEのライブDJを担当し、公私共にメンバーとは旧知の仲であるからだと思いますが、そもそもどんなつながりだったのでしょうか?

H もう25年来の付き合いになるけど、当時俺は渋谷原宿界隈で仕事をしてたのね。まだ目立つ存在だったわけでもないそんな時代に、HIDEくんがヒョイッと引っ張り上げてくれた。そこでポロッと言ったの、「ライブDJを探してる」って。もちろん、「やりますやります! やりたいです!」って返事したよね。

I  HAZIMEはもうDJをやってたから、僕らがSHAKKAZOMBIEとしてHAZIMEのイベントに出演させてもらったときに連絡先を交換してたんだよね。その後、OSUMIと「ライブDJ、HAZIMEいいんじゃないかな?」って話をして。で、電話したの、「ライブDJをやってほしい」って。そしたら「ちょっと考えさせてください」って言われた。

H いや、「考えさせてください」なんて言ってないから!(笑) ただ、TSUTCHIEくんのポジションもあるし、周囲のことも考えて、「やりますやります! やりたいです! ……けど、一旦持ち帰らせてください」って答えたんですよ。実際に近しい人たちから「TSUTCHIEのポジション、奪うわけ?」とか言われたし。だからこその一旦持ち帰りです。

I 『さんピンCAMP』が終わったくらいの時期だったから、HAZIMEが20歳くらいのときかな。

H なので、俺とSHAKKAZOMBIEの関係はそんな感じからスタート。SHAKKAZOMBIEという乗り物に乗せてもらったおかげで、とにかくいろんな人と出会うことができました。ライブDJをやらなくなってからも、その時代に仕事をした人と今でも仕事ができてるからね。恩人、恩師のような存在ですよ。OSUMIくんもだけど、こうした気持ちになるとき、真っ先に頭に浮かぶのが、HIDEくん。いつも。

I OSUMIの座談会だけど、今のは太字でよろしくね。

S 俺もヒデオくん(HIDE-BOWIE)いなかったらデモテープとか作らなかっただろうな。

I 初めて見たChannel 5(※DABO/SUIKEN/K-BOMB/DJ HAZIMEのヒップホップユニット)のライブがよすぎて、かつSUIKENの勢いが凄まじくて、「デモテープないの? ないなら急いで作れ!」って言ったんだよ。で、デモテープを作らせて、当時ECDに渡したりしたよね。

S 龍宮で働いてたときに今ちゃん(DEV LARGE)とも会えたわけだし。SHAKKAZOMBIEがいなかったら……って思うと、本当に恩人。

H SHAKKAZOMBIEの3人は本当に優しい先輩で、甘い汁だけじゃなく音楽のノウハウもしっかり教えてくれたんだよね。成功している先輩を間近で見られていたからこそ、ニトロはうまくいったんだと思う。

D SHAKKAZOMBIEの「フルアルバムをしっかり作る」って動きは、本当にデカかったなー。そもそもニトロの面々はKRUSH POSSE、MICROPHONE PAGER、雷(家族)のヘッズで知り合ったようなもんだから、彼らがスターなのは間違いないんだけど、フルアルバムの美学を教えてくれたのはSHAKKAZOMBIEなんだよね。アルバムを作って12インチを切って、PVが公開されて、クラブをサーキットで回って、グッズを作って大都市でワンマンを開催。これで1周。超お手本になったもん。あと、90年代のヒップホップって、サビはスクラッチネタだったりしたけど、シャカの楽曲の構成力はすごかった。

I 楽曲の構成は全部OSUMIだね。改めてTSUTCHIEとも話してたんだけど、SHAKKAZOMBIEの側を作ったのは全部OSUMIなんだよね。僕なんか何もやってないから。エッセンスとノリ一発。もしかしたらその感覚と、OSUMIの緻密に作り込まれた感覚のバランスがよかったのかもしれないね、SHAKKAZOMBIEは。そもそも僕はバンドマンで、ラップを始めたのもOSUMIと出会ってからだったし、そういう意味では友達でもあり先生。つまり、僕を作ってくれたのはOSUMIなんだよね。“IGNITION MAN”って名前を考えてくれたのもOSUMIだし。

H OSUMIくんはこだわりが強かったもんね。

S 曲の構成もそうだけど、リリックもすごいよ。リリックを書いてる紙にキックとスネアの場所も記入してた。あんなの初めて見たもん。

I キックに×を付けて、スネアには黒い丸を付ける。それがSHAKKAZOMBIE方式だからね。OSUMIから教わって今でもやっちゃうんだけど、それを見れば頭の中でフロウを作りやすい。複数の曲を同時進行でレコーディングしたりすると、途中でどんなフロウだったか忘れちゃったりするからさ。

――では、そんなSHAKKAZOMBIEの構成力、こだわりを感じた曲を挙げるなら、何になりますか?

D 「虹」がすごい好き。リリックすべてがパンチラインで構成されてる。

S サビがわかりやすくていいよね。あとさ、純粋に歌がうまい。カラオケとか行っても「いい声してんなー」って思ってた。

H トリビュート盤を作るにあたって、まとめてSHAKKAZOMBIEの歴代曲を聴いてたんだけど、サビがとにかくちゃんとサビなんだよね。わかりづらさがない。改めて「だからSHAKKAZOMBIEは売れたんだ」って思えたもんね。

――トリビュート盤では「虹」をはじめ、歴代楽曲のリミックスやリメイクが制作されていますが、このような構成にした理由というのは?

I 最初はすべて新録で3曲くらい、って考えてたんですよ。僕が関わる作品であって、かつ20年ぶりにSHAKKAZOMBIE名義でラップをするから構えちゃった部分もあって。でも、HAZIMEから「元曲のままで純粋なリミックスも入れたほうがいい」って提案があり、だいぶ気持ちが楽になったら欲も出てきて、結果的に6曲で落ち着きました。

――以前、井口さんと会った際に「リリックを真新しく書くことよりも、少し手直しするほうが難しい。でも、SUIKENの一言で救われた」と話されていましたが、それがリメイクの難しさということですかね。

I 「BIG BLUE」はイチから全部書き直そうと思ってたんだけど、すでに完成されているもので、聴き慣れている人たちもいる。当時のリリックが気に入っていないなら手直ししてもいいと思うけど、ちょっとアレンジするほうが聴く側も楽しめるし、面白くなるんじゃないか、ってSUIKENから言われたんですよ。それを言われて気が楽になったけど、実際やってみると難しいものでね。

――他にもCreativeDrugStore(VaVa/JUBEE/BIM/in-d)による「共に行こう」や、5lackとPUNPEE兄弟による「5o tight So deeP」(原題「So Tight, So Deep」)のリメイクも、次世代のアーティストが敬意を持って臨んでくれていますね。

I PUNPEE兄弟にはダメ元で連絡したら快諾してくれて、さらに「共に行こう」はCreativeDrugStoreでリメイクするのは面白いんじゃないかと提案してくれて。彼らはSHAKKAZOMBIEのことを大好きと言ってくれている世代なので、本当にありがたい話です。

H 「5o tight So deeP」はPUNPEEと5lackにしかできない形のリメイクになったもんね。原曲が良い意味で残ってない。

I 真面目に話すと、OSUMIとは長い付き合いの中で、うまくいってない時期もあった。そりゃ長いことずっと一緒にいたらいろいろあるからさ。でも、あれだけ強いこだわりを持ってたOSUMIが「OKかNGか」という判断はわかってるつもりなの。「こういうことやったら嫌がるだろうな」って感覚はすぐわかる。だから、一番最初にやまちゃんから提案されたときは、すごくうれしかった反面、「場合によっては嫌がるかな、OSUMI」って考えもした。これまでSHAKKAZOMBIEとして活動してきた中で、プロモーションやインタビューの現場、OSUMIが嫌がってきたことはたくさんあったからさ(笑)。だからこそ同じ現場にいたハッシーはその感覚を共有できるし、僕と彼女が「OK」と判断したものは、きっとOSUMIは喜んでいるに違いないだろうな、って。しかも、OSUMIとゆかりのある有志が集って全力で臨んでくれてるわけだからね。

 ただ、「BIG BLUEMURO’s KG Remix)」のPVでOSUMIの笑顔の写真が出てくるんだけど、本来だったらOSUMIは出したがらないんだよね、そういう写真。でも、OSUMIのことを知ってる人たちは、あいつが常に笑顔だったことを覚えてる。それを伝えたい気持ちがあったから、「OSUMIは怒るだろうな」って思いながらも、何かあったら僕が責任をとればいい、そこまで突き詰めて作った作品でもあるんです。

――トリビュート盤のクオリティを保つことが、井口さんのOSUMIさんへの恩返しになったわけですね。

I ちょっとうるさいこと言っちゃいますね。「BIG BLUE」のリリックは時間をかけて書いて、情けない話かもしれないけど、自分で書きながらウルッときちゃったんですよ。30年来の付き合いの中で、ここまでOSUMIのことを考えたのなんて初めてのことだったし、「ヒデボウくん、久々のラップだったけど、よかったんじゃない?」って関わってくれた人たち、聴いてくれた人たちに思ってもらえるのなら、OSUMIも納得してくれるんじゃないかなって。……って、しんみりしちゃったけど。

――では最後に、『BIG-O DA ULTIMATE』の制作を振り返っての総括を井口さんの口から聞かせてください。

I なにより一番驚いたのは、OSUMIのために僕はこんなに動けるんだと思えたこと。OSUMIが亡くなったのは悲しいことだけど、それで作られた道筋によって久々に再会できた人、新しい出会いもありましたからね。みんなOSUMIのために協力してくれて、本当にありがたいの一言に尽きます。

[JK]

『BIG-O DA ULTIMATE』
SHAKKAZOMBIE

<iframe src=”https://open.spotify.com/embed/album/2McitEPPQZyc8JDjA48xts?theme=0″ width=”100%” height=”380″ frameBorder=”0″ allowtransparency=”true” allow=”encrypted-media”></iframe>

 

  • 7/18 14:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます