竹中平蔵氏 西村大臣発言の黒幕説を否定 「一方で要請きいた人達から政府に凄いクレーム」

拡大画像を見る

 パソナグループ会長で慶應大名誉教授の竹中平蔵氏が18日、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演。西村経済担当相の酒類提供店と取引する金融機関への「要請」について「あの決定はおかしいと思う」とコメントした。

 冒頭で「菅総理のブレーンとして」と紹介され、「ブレーンじゃないけれども」と否定するいつものやりとりを見せた竹中氏。「まさか西村大臣の締め付けみたいなやつ(要請案)、誰が発案したんだ?ってなってますけど、竹中さんじゃないしょうね」とつっこまれ、「私はそんなことはやりません」と否定した後、「あの決定はおかしいと思うし、取り下げざるをえない」と述べた。

 一方で、「(酒類提供)自粛要請をきいて(に従って)一生懸命ガマンしてる人達がいる。一方でそれ(要請)破ってお金ガンガン儲けてる人がいる。ガマンしてる人たちから政府に対してものすごいクレームがあって、『何とかして』というのがあったのも事実なんですよ」と付け加えていた。

関連リンク

  • 7/18 18:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます