広島FWドウグラス・ヴィエイラ、左大腿直筋肉離れを再発…全治3~4週間

拡大画像を見る

 サンフレッチェ広島は18日、FWドウグラス・ヴィエイラの負傷について公式サイトで発表した。

 広島の発表によると、D・ヴィエイラは11日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節の横浜FCで受傷。16、広島県内の病院で検査を受けた結果、左大腿直筋肉離れと診断された。全治は3~4週間が見込まれている。

 現在33歳のD・ヴィエイラは、4月末にも左大腿直筋肉離れにより離脱を強いられていた。今季のJ1リーグでは、ここまで11試合の出場で1得点にとどまっている。

関連リンク

  • 7/18 18:19
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます