橋本環奈、初の生放送MCで危惧される「放送事故」とは?

拡大画像を見る

 女優の橋本環奈が、7月23日放送のお笑いスペシャル番組「ザ・ベストワン」(TBS系)に、ゲストMCとして出演することが明らかになった。

「この番組は、今いちばん見たいベストな芸人がベストワンのネタを披露するというもの。4時間の生放送番組で、今回が第5弾となります。橋本は、レギュラーMCの笑福亭鶴瓶、今田耕司とともに出演。彼女にとっては、初の生放送バラエティのMCとなります」(週刊誌記者)

 番組の公式サイトでは「芸人さんたちのベストワンネタを間近で見ることができるのも楽しみです」と、期待するコメントを寄せている。一方で彼女が心配しているのは、生放送ならではの放送事故。その理由が、自身の笑い上戸。同サイトでも「うれしい反面、生放送ということもあって早くもちょっと緊張しています。(中略)笑い過ぎてMCを忘れないように頑張ります」とコメントしている。

「昨年公開された映画『新解釈・三國志』にムロツヨシ演じる天才軍師・諸葛亮孔明の妻・黄夫人役で出演した橋本ですが、映画の公式サイトでは『笑い上戸の私としてはムロさんと同じシーンが多く、笑ってしまわないか心配で、、、だって!笑ってもNGじゃなくOKが出されて、実際にそれが使われるんです。笑』とコメントしています。また、2018年の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』公開時のインタビューでも『私は笑い上戸でどこでもすぐに笑っちゃうので、監督からずっと“カンカン、我慢よろしく!”って言われ続けていました』と明かしていました」(芸能ライター)

「ザ・ベストワン」では、どんなMCぶりを見せてくれるのか。気になるところだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 7/18 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます