カズレーザー 小山田問題は「自業自得」 丸川大臣らに「辞任させられない説明を」

拡大画像を見る

 メイプル超合金・カズレーザーが18日、TBS「サンデー・ジャポン」に出演。東京五輪開会式に作曲担当としての参加が発表されたミュージシャンの小山田圭吾が、過去に雑誌などで、障がい者とされる同級生らに対して虐待やむごい行為を繰り返していたと語っていたことが問題となり、ツイッターで謝罪および五輪続投を投稿した件についてコメントした。

 番組では、雑誌に掲載された、直視できない虐待告白の記事の一部が示され、テレビで放送できない内容があると伝えられた。

 カズレーザーは、開会式の作曲担当を続投させるなら「(組織委は)小山田さんに頼まないといけない理由を説明すれば済む話。知りませんでしたじゃなくて、知っても譲れないと説明しなきゃいけない」と指摘した。

 そのうえで、開会式の演出も決まっているはずだとし「辞任しても、別に組織としては成立するはず。辞任させることができないなら、丸川さんとかが説明すればいい。小山田さんが自分で辞任できることもできる」とした。

 虐待告白については「再挑戦ができる社会が望ましい」としたうえで、「批判が大きいということは、反省してマイナスを埋め合わせる作業をしていなかったということ。これは再チャレンジとかじゃなく、批判されても当たり前の、自業自得の話」と語った。埋め合わせる活動を行っていると「言えないなら、疑われても仕方ない」とした。

関連リンク

  • 7/18 16:04
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます