ミランへ完全移籍のジルーがSNSを更新「エキサイティングな冒険が待ち遠しい」

拡大画像を見る

 ミランへの加入が決まったフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、自身のSNSを更新。古巣チェルシーや新シーズンに向けてメッセージを投稿した。

 17日にミランへ2年契約での完全移籍が発表されたジルーは、同日に自身のTwitterで「すべてのブルーズ(チェルシーの愛称)よ、チームメイト、コーチ、クラブ全体へ、この特別な瞬間に心から感謝する。私は軽やかで幸せな心で新しい旅を始める。FAカップ、ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグでの勝利は素晴らしいものだった」と投稿。2018年1月から過ごしたチェルシーへ感謝の気持ちを示した。

 そしてその後、同選手はミランへの移籍を示す写真とともに、イタリア語で以下のようにつづった。

「ミランファンの皆さん、こんにちは。私はイタリア人の血を引いていることをとても誇りに思っているし、皆さんと一緒にこのエキサイティングな冒険を始めるのが待ち遠しい。昔から知っているイヴァン・ガジディス(CEO)氏、パオロ・マルディーニ(テクニカル・ディレクター)氏、フレデリック・マッサーラ(スポーツ・ディレクター)氏、そして歓迎してくれたピオリ(監督)氏に感謝したいと思う」

 現在34歳のジルーは母国モンペリエで鮮烈な活躍を見せると、その後アーセナルとチェルシーでプレー。ヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグ、またフランス代表としてはワールドカップの優勝も経験している同選手は、自身初となるイタリアの舞台でどのような活躍を見せるのだろうか。



関連リンク

  • 7/18 14:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます