LGBTQ+による五輪オリンピック メダリストの宮田大さんに聞いた”ゲイゲームズ”ってどんな大会?

拡大画像を見る

フランスに実在するゲイの水球チーム”シャイニー・シュリンプス”を題材に作られた映画『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』が絶賛上映中!

同性愛者への心ない発言をした元オリンピック・銀メダリストの水泳選手マチアス(ニコラ・ゴブ)に罰として課されたのは、パーティー大好きなゲイの水球チーム「シャイニー・シュリンプス」のコーチに就任し、LGBTQ+による世界最大のスポーツと文化の祭典「ゲイゲームズ」の出場を目指すことだった! シャイニー・シュリンプスの自分らしく人生を謳歌する姿に、はやくもSNSでは「彼等に自分らしく人生を謳歌するヒントをもらった」、「お調子者で個性豊かなシュリンプたちがとっても可愛くて元気をもらった!」、「こんなに楽しくて、最後に良い気分で終われる映画は何年振りだろう‼」と、元気付けられる人が続出!公開に先駆け行われた試写会でのアンケートでは、92%の人が元気がでた!と回答し、満足度93%と高い評価を得ています。

本作でシャイニー・シュリンプスのメンバーが目指す“ゲイゲームズ”とは、1982年にアメリカで初開催されたのを皮切りに、以降は4年に1度のタイミングで世界各地で開催されているLGBTQ+による世界最大のスポーツと文化の祭典。水上のドラァグショーともいわれる「ピンクフラミンゴ」など独自の種目のほか、テニスや競泳、陸上、自転車、フィギュアスケートなど個人&ペア競技から、水球、バスケ、バレー、チアリーディングなど団体競技は男女混合で行われているのも大きな特徴。

まだまだ日本では耳馴染みがない人の方が多いかもしれないが、2018年フランスのパリで開催された前大会は、1万2千人以上の参加者と30万人を超える観客動員数を記録し、2022年は香港での開催が決定!アジアで初開催となることが大きなニュースになるなど、いま世界中でもっとも注目されているLGBTQ+によるイベントです。

一体どんな大会なのか、どうすれば出場できるのか?その実態を2018年に自転車競技で金メダル1個、銀メダル2個のメダルを獲得したメダリストの宮田大さんにお伺いしました!

Q.ゲイゲームズが描かれる本作をご覧になっていかがでしたか?
2018年のパリ大会に出場したことを思い出させる映画でした。チームが一つになってバスでの楽しい旅をしている様子には、ジェラシーも感じましたね。パリ大会では日本チームで結足する経験はあまり出来なかったので2022年香港大会ではチームJAPANを結足してたくさんのメンバーと参加したいと思いました。何度観てもハッピーになれて、またやきもちも焼かせる映画でした!

Q.宮田さんはどのようにしてゲイゲームズを知り、出場するに至ったのでしょうか?
20年くらい前にゲイ雑誌でゲイゲームズのことを読んで知っていたのですが、2017年6月にフランスで行われたレインボープライドに参加した時に、フランスで2018年にゲイゲームズが行われるという案内のフロートが出ていて。その場にいたスタッフに聞いたら、自転車種目があるとのことで、それで出たくなって帰国してすぐにエントリーをしました。

Q. ゲイゲームズにはどのようにしたら出場できるのでしょうか?出場条件、資格などはありますか?
資格はとくにありません。人種、宗教、年齢、性的指向、性自認、能力、バックグラウンドに関係なく、誰でも参加できます。LGBTQ+に理解がありいろいろ支援いただいているストレート、アライでも競技に参加できます。実際に自転車競技には結婚して子どもがいるファミリーの父親が参加していましたね。

Q. 大会参加期間中はどのような雰囲気なのでしょうか?なにか印象的な思い出があれば教えてください。
開会式はオリンピック同様に華やかでパリ全体がレインボーに包まれているようで、毎日がお祭りの雰囲気でした。LGBTQ+の人たちが集まる街では、その日に獲得したメダルを見せ合って盛り上がっていました。記念写真も気持ちよく対応してくれた方ばかりでいろんな方々とすぐにフレンドリーになれました。英語が話せなかったり聞き取れなかったりしたけれど、みなさんが身振りや筆談でコミュニケーションに応じてくれたので、毎日とても楽しく過ごせました。

Q. 映画の中では実況のドラァグクイーンの方が出てきましたが、実際の大会でもああいう方がいらっしゃるのでしょうか?
開会式やセレモニーには必ずドラァグクイーンの方がいます。私と同じ聴覚障がいのドラァグクイーンとも出会えました。日本でも同じような友人何人かがいるので声かけて誘ってみたいと思います!

街全体がレインボーに包まれるなど、とても賑やかで開放的な空間になる“ゲイゲームズ”。その熱気や高揚感は、『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』からも感じることができるはず!ぜひ、映画館であなたもゲイゲームズに参加してみてはいかが?

【関連記事】なかやまきんに君に聞く“ハッピーパワー”のコツ「僕は規則正しい生活が好きなだけ!合わないことを無理する必要は無い」
https://getnews.jp/archives/3046849

関連リンク

  • 7/18 13:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます