池田美優 小山田圭吾の虐待告白記事「読む限り胸くそ悪いいじめ」 どこまでが(笑)か

拡大画像を見る

 18日のTBS「サンデー・ジャポン」が、東京五輪開会式に作曲担当としての参加が発表されたミュージシャンの小山田圭吾が、過去に雑誌などで、障がい者とされる同級生らにいじめを繰り返したとして、暴力やむごい行為を語っていたことが問題となり、ツイッターで謝罪および五輪続投を投稿した件を特集した。

 番組では、雑誌に掲載された、直視できない虐待告白の記事の一部が「(笑)」表記を含めて示され、他にもテレビで放送できない内容があると伝えられると、タレント池田美優は五輪開会式については「辞任はたぶん間に合わないからやるんであろうとは思う」と語った。

 記事については「インタビューなのでどこまでが本当に『(笑)』なのかが分からないですけど、これ読んだ限りだと、結構、胸くそ悪い感じのいじめだなと思いましたね」と語った。

関連リンク

  • 7/18 11:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます