二階堂ふみ主演「プロミス・シンデレラ」初回不調もV字回復の秘策あり

拡大画像を見る

 女優・二階堂ふみが主演を務めるドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS系)の第1話が7月13日に放送され、二階堂ふみのセーラー服姿に注目が集まっている。

「この作品の原作は、小学館の漫画アプリ『マンガワン』に連載中、累計発行部数200万部を超える同名人気漫画。物語は、夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿なしになった人生崖っぷちのアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目を付けられ、金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”を繰り広げるラブコメディ。第1回では、二階堂演じる桂木早梅が回想シーンの中でロン毛&セーラー服に身を包む場面が登場。これを観た視聴者からは、『ドレスも和服もセーラー服も似合う‥‥最強か』『セーラー服まだ似合う。すごーい』などのコメントが寄せられています」(テレビ誌記者)

 二階堂は、制服姿とは意外と縁が深い。

「2012年に公開された映画『ヒミズ』で二階堂は父親を衝動的に殺し、天涯孤独になった主人公・住田祐一(染谷将太)を救おうとする15歳のクラスメイト・茶沢景子を演じ、制服姿を披露。この作品でヴェネツィア国際映画祭にて新人賞に当たるマルチェロ・マストロヤンニ賞を、10代で受賞。それ以来、二階堂にとって制服は勝負服なのかもしれません」(芸能ライター)

 2016年1月から、史上最年少の新メンバーとして参加したバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」でも、セーラー服に聖子ちゃんカット姿で登場。2年間レギュラーを続けた。

「2015年に公開された渋谷すばる主演映画『味園ユニバース』では、バンド『赤犬』のマネージャーをしながら実家のカラオケボックス兼音楽スタジオを経営。ここでも黒いセーラー服に赤いヘアバンド姿を披露していました」(前出・芸能ライター)

 残念ながら「プロミス・シンデレラ」の初回平均世帯視聴率は7.9%だったが、勝負服のセーラー服でV字回復といきたいところだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 7/18 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます