杏「新体験、新感覚になる」菅田将暉&岡田将生らと語る『CUBE』特別映像

拡大画像を見る

菅田将暉が主演、オリジナル版の監督初の公認リメイクとなる『CUBE』。この度、新映像を交えた豪華キャスト陣からのコメント映像解禁とともに、ハリウッドの“伝説のタイトルデザイナー“の参加も明らかになった。



菅田さんをはじめ、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎と日本屈指の名優たちが勢揃いした本作。毎月18日を<「CUBE」=部屋の日>と定め、新情報を解禁してきたが、今月<部屋の日>第4弾では豪華キャストが語る激ヤバ体験コメントと劇中新映像を交えた「特別映像~キャストコメント編~」が解禁。謎の部屋「CUBE」のセットの中で、かつてない撮影体験をメインの6人のキャストが振り返っている。


主演のエンジニア・後藤裕一(29)を演じる菅田さんは「なんか不思議な疲れ方するんですよね『CUBE』って、この理不尽な環境の中アクシデントが起こった時に何が出るかっていうのがこの『CUBE』」と、極限の環境下での体験と『CUBE』だからこその魅力を振り返る。

フリーター・越智真司(31)役の岡田さんは「『CUBE』から脱出できることはちょっと嬉しい」とカルト的人気を誇る作品のリメイク参加へ笑みを浮かべ、会社役員・安東和正(61)役の吉田さんは「頭の中が疲れる新鮮な感じ」と、百戦錬磨のベテラン俳優ながら菅田さん同様、奇妙な疲労感覚に襲われた現場を語る。

そして、団体職員・甲斐麻子(37)役の杏さんは「新体験、新感覚になる」とストレートに『CUBE』を称し、 中学生・宇野千陽(13)役の田代さんは「オリジナル版を観た事がある人も楽しめる」と、設定はそのままに、オリジナルストーリーを展開する本作への期待を込め、整備士・井手寛(41)役の斎藤さんも「観た事ない所に観客を連れて行ってくれるエンターテイメント作品が生まれたと思っています」と、大きな自信をのぞかせている。


さらに、数多くのハリウッド作品で多大な影響を与えカルト的人気を誇る“伝説のタイトルデザイナー”カイル・クーパーが本作に参加、“邦画初”のコンセプトデザインを担当することに。本作は原作オリジナル版『CUBE』の監督ヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして、ナタリ本人もクリエイティブ・アドバイザーとして初めて日本映画に全面協力しているが、ナタリに加え『セブン』や『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『スパイダーマン』シリーズ、『アイアンマン』『X-MEN』などマーベル作品といったタイトルバック映像を手掛け、数多くのハリウッド作品、クリエイターたちのインスピレーションを与えてきたデザイナーだ。

『CUBE』は10月22日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
CUBE(2021) 2021年10月22日より公開
©2021「CUBE」製作委員会

関連リンク

  • 7/18 8:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます