70年かかる建設整備が10年で解消? 世界初、3Dプリントで建設された学校の完成度に驚き!

拡大画像を見る

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、7月5日(月)~7月9日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


ユージ、吉田明世(PC画面内)



◆1割
文部科学省は、小中学校の各教科の授業時間の配分を、学校の裁量で変更できる新制度を2022年度から導入する方針を決めました。新制度では、算数や社会など任意の教科で最大1割までコマ数を減らし、別の教科に上乗せできます。

ユージは「この新制度はすごくアリなのでは」と同意し、「各学校によって算数や社会などを教える先生もそれぞれだし、子どもたちの受け取り方もそれぞれなので、学校によって(最大1割まで)授業時間の配分が柔軟に変えられるのはいいと思う」と感想を述べました。

◆4,500平方メートル
自然のなかに隠れているポケモンを探す、ネイチャーアドベンチャー「Pokémon WONDER」が、東京の「遊園地よみうりランド」内にある4,500平方メートルの森に、7月17日(土)からオープンすることが話題になっています。

ユージは、「これはおもしろそう! 夏休みの人気スポットになっちゃうかも!」と興味津々の様子でした。

◆5部門
国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、7月公開の映画「期待度ランキング」を発表。第1位「ブラック・ウィドウ」、第2位「竜とそばかすの姫」に次いで、第3位には今年のアカデミー賞で5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」がランクイン。本作は、“前途有望な若い女性”だったキャシーが、自分の未来を踏みにじった男たちに復讐する物語です。

7月16日(金)より全国公開で、現在解禁となっている予告編の映像を観たユージは、「復讐劇がテーマでそういう描写もあるけど、ドロドロとして怖いというより、画の撮り方やファッションがポップに描かれていて、オシャレに観えちゃう」と印象を語りました。

◆53年目の進化
あのプチプチが、発売から53年目にして進化を遂げました。 気泡緩衝材「プチプチ®」の製造販売をおこなう川上産業株式会社は7月1日(木)、創業53年目にして生み出した新商品「スパスパ」を発売。ハサミが不要で、真っ直ぐ手で切れる新たな気泡シートとなっています。

スタジオで「スパスパ」の実物を手にしたユージは「おぉ~、手で簡単に割ける! 碁盤の目のようになっていて縦横どちらにも割けるね! めちゃくちゃいいな、これ!」とビックリ。さらに“♪プチプチ”と音を鳴らしながらつぶし、笑顔をのぞかせていました。

◆3Dプリントなら18時間
アフリカの南東部に位置するマラウイ共和国で、世界初の3Dプリントによる学校が建設、開校され、生徒たちが通って授業を受けています。今後、ケニアやジンバブエでも展開する予定とのこと。

ユニセフの試算によると、マラウイ共和国ではおよそ3万6,000の教室が不足しており、通常の建設方法で整備するには約70年かかるところ、3Dプリントを活用することで少ない資材で迅速に建設が可能に。これまで壁を作るのに数日かかっていましたが、3Dプリントではおよそ18時間で完了。約70年かかると見られていた整備が10年で解消できるそうです。

3Dプリントでできた学校の写真を見た吉田は、「3Dプリントで作ったとは思えないほどの完成度!」と驚くと、ユージも「本当に、しっかりとした建物にしか見えない」と信じられない様子。さらには「これはすごい! 3Dプリントの可能性ってすごいね」と舌を巻いていました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

関連リンク

  • 7/18 6:40
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます