【本日の注目ポイント】ダートGI馬参戦の函館記念、小倉開催の中京記念

拡大画像を見る

 7/18(日)は福島・小倉・函館の3場開催。天気は福島が晴れ時々曇り、小倉が曇り、函館が晴れ時々曇りの予報となっている。

■ダートGI馬参戦の函館記念
 函館11Rは函館記念(GIII)。注目は、今年のフェブラリーSを制したカフェファラオ。初めての芝レースに加え、58.5キロの斤量をどう克服するか。3勝クラス、リステッドレースと連勝し上り調子で挑んできたマイネルウィルトス、昨年の新潟大賞典の勝ち馬トーセンスーリヤ、前哨戦の巴賞を勝ったサトノエルドールなどがスタンバイ。

■今年は小倉開催の中京記念
 小倉11Rは中京記念(GIII)。京都競馬場改修工事に伴う変則開催の影響で、今年は小倉の芝1800mで行われる。昨年の中日新聞杯の勝ち馬ボッケリーニ、一昨年のNHKマイルC3着馬カテドラル、目下3連勝と破竹の勢いで重賞初制覇に挑むロータスランドなどが出走する。

■福島11R・福島テレビOPにアスコルターレなど
 福島11Rは芝1200mの福島テレビOP。3走前にマーガレットSを制したアスコルターレ、3歳時に重賞で入着経験のあるシーズンズギフトやヴェスターヴァルト、みちのくS・パラダイスSと連勝中のキルロードなどが参戦する。

■福島5Rの新馬戦にパーカッションなど
 福島5Rは芝1800mの新馬戦。追い切りでも軽快な動きが目立った新種牡馬イスラボニータ産駒パーカッション、19年のセレクトセールにて1620万円で取引されたハービンジャー産駒ミッキーブンブン、同セールで2160万円のルーラーシップ産駒ブレスバイルーラーなどがデビュー戦勝利を目指す。

■小倉5Rの新馬戦にグーデンドラークなど
 小倉5Rは芝2000mの新馬戦。全兄に14年の京都2歳Sを制したベルラップがいるグーデンドラーク、追い切りでも鋭い動きを見せ順調な仕上がりを印象付けたルーラーシップ産駒タイセイディバイン、昨年のセレクトセールにて3960万円で落札されたジャスタウェイ産駒アドゥールなどが出走する。

■函館5Rの新馬戦でリューベックがデビュー
 函館5Rは芝1800mの新馬戦。この中間でも軽快な動きが目立ち、全姉に英ナッソーSや17年秋華賞を勝ったディアドラがいるリューベックに人気が集まりそう。ほかにも、19年セレクトセールにて6480万円で取引されたクロフネ産駒ブリヨンカズマ、追い切りでのキビキビとした動きが目に付いたストロングリターン産駒アナザーエデンなどが出走予定。

■地方では3重賞
 岩手・盛岡競馬場では岩鷲賞、高知競馬場ではトレノ賞、ばんえい・帯広競馬場では旭川記念が行われる。

関連リンク

  • 7/18 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます