吉岡里帆「しっぽが大事。どれだけモフモフしてるか」ハマり役のキツネに自信満々

拡大画像を見る

 女優・吉岡里帆(28)が17日、都内で、劇団☆新感線公演「いのうえ歌舞伎 狐晴明九尾狩」(9月17日~10月17日=東京・TBS赤坂ACTシアターなど)の制作発表に、主演の中村倫也(34)、向井理(39)らと登場した。

 中村が安倍晴明を演じる伝奇ファンタジーで、吉岡は狐(きつね)の精霊役。「日清 どん兵衛」のCMキャラクター「どんぎつね」がハマっているだけに「今までやってきたことが役に立つ日が来てうれしいな。しっぽが大事。どれだけモフモフしてるかの戦い」と役作りを心得ていた。

関連リンク

  • 7/18 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます