「ダメだ…。この人無理」高収入イケメンでも拒絶された、女への“無茶なお願い”とは

男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—果たして、あの時どうすればよかったのだろうか?

できなかった答えあわせを、今ここで。

今週のテーマは「“好き”と言われたのに、女からの連絡が途絶えたのはナゼ?」という質問。さて、その答えとは?

▶【Q】はこちら:“好き”とだけ言い残し、二度のデート以降連絡が途絶えた女。男の前から消えた理由は…


あれは、2度目のデートのときのこと。

「私、湊斗くんのことが好きだよ?」

デートの中盤、そんなことを口走ってしまったことは覚えている。

なぜなら、途中までは良かったから。

独身女にとって湊斗はいい相手だったし、素敵な男性だなぁと思っていた。だがデートの最後のほうの発言などから、彼のことを「気持ち悪い」と思い始めてしまったのだ。

— 湊斗:愛里紗ちゃん、次はいつ会える?


返信をしていないのに、何度もくるLINE。

最初はなぜ彼が独身でいるのか不思議だったが、2度のデートで湊斗が結婚できない理由がよくわかったのだ。

「この男、ナシ」女がバッサリと切った、男が言ってはいけぬ一言とは?

A1:たまに出る一言が、ちょっと鬱陶しい…。


湊斗との出会いは、マッチングアプリだ。

自分でも驚くくらい、登録した途端にたくさんの男性からメッセージをもらい、どうやって選べば良いのか迷ってしまった。

そのなかでも爽やかで高収入、かつ顔も私のタイプである“愛嬌のある犬顔系イケメン”だった湊斗が目に留まった。

さっそくやり取りを開始し、すぐに会うことになった私たち。待ち合わせのお店へ行くと、身長の高い湊斗は目立つのですぐにわかった。

「愛里紗ちゃん、お酒は飲める人?」
「はい、大好きです」

— 写真より、本物のほうがさらに良いかも♡

緊急事態宣言前、せっかくのデート。極力、笑顔でいるように心がけた。すると彼の心をつかめたのか、こんなことを言い始めた。

「愛里紗ちゃんって、もっとツンケンしているのかと思っていたよ。冷たそうって言われない?」
「私、それよく言われるんですよね〜。そんな感じ悪そうに見えます?(笑)」

そう言われるのは初めてではない。私はそんなに冷たい人間に見えるのだろうか。自分でも気にしていたので、今日はより一層笑顔でいようと思った。

「愛里紗ちゃん、今彼氏はいないの?」
「彼氏がいたら、アプリは使っていないですよ〜」
「そっか、そうだよね。でもそんなにモテるのに、どうして彼氏いないの?」

グイグイと、質問してくる湊斗。

なぜ彼氏がいないのか、自分でも明確な理由はわからない。だからこうやって、一生懸命婚活をしているのになぁと思いながら返事を考える。

「たくさんメッセージはいただきましたけど…。なかなか心が動かなくて。湊斗さんは?」
「まぁ僕も同じような理由かな。って、ほぼ同じ年だし敬語はいらないよ」
「そうですか?」

この会話以降、端々に引っかかる点が出てきたのだ。


「愛里紗ちゃん、食べ物は何が好き?」
「何だろうなぁ。お鮨かな♡」

すると突然、湊斗は大きな声で私を指差して笑い始めた。

「出たよ、港区女子的な発言(笑)」

— ん…?

私はただ純粋に、お鮨という食べ物が好きなだけだ。友達と行って自分で払うことが多いので、その発言にはムッとした。でも悪ふざけだろうと思ったので、真剣に言い返すことはしなかった。

「え〜ひどい!自腹でも行くよ?」
「うそうそ、冗談だよ。そしたら、次はお鮨にしようか」
「いいね!湊斗さんが、お気に入りのお鮨屋さんとかある?」

気にせず話を進めたが、このあとの彼の発言も、どうも気になってしまった。

「でも愛里紗ちゃんみたいな可愛い子が、独身で残っていてくれるのは、奇跡だよね」

— 独身で、“残っている” …。

事実だから仕方ない。はたから見たら残りもの、に見えるのだろう。

「いやいや、全然奇跡なんかじゃないよぉ。湊斗さんのほうこそ」
「たしかに、もうすぐ34歳になるしなぁ。そろそろいい人を見つけないと…と、多少焦ってはいるよ」
「へぇ。ちゃんと考えているんだね」

結婚願望のあるイケメンだということはわかった。30を過ぎてそんな人がいるのは奇跡だと思うし、この出会いを大事にしなければいけないだろう。

「今日は楽しかったな〜。じゃあ、また再来週にね」
「うん、また再来週に」

こうして初デートを終え、解散した。

初デートは良かったけれど…二度目のデートで“無理!”と思った理由は?

A2:付き合ってもいないのに、手料理のリクエストが鬱陶しい


そして迎えた2度目のデート。

「ねぇ、このお店来てみたかったの!さすが湊斗さん」
「そう?良かった」

さすが湊斗、お店選びのセンスは抜群だ。

「愛里紗ちゃんって、どういう人が好きなの?」
「私は優しくて頭がいい人かなぁ。湊斗さんは?」
「僕も優しくて家庭的な人かな」
「結婚考えるなら、大事だよね」

最初は、いたって普通の会話をしていた。すると突然、湊斗がストレートな質問を投げかけてきたのだ。

「ちなみに、僕ってアリ?ナシ?」

アリかナシかで言うと、アリだろう。別に嫌いでもないし、こうやって2度目のデートもしている。だからそのことを、素直に伝えてみた。

「アリ…っていうか、湊斗さんのこと好きだよ?」

私もうかつだったと思う。ここから彼は急に距離を詰めてきたのだ。

「愛里紗ちゃん、普段家ではどうやって過ごしているの?」
「私?普通だよ。テレビとかYouTube見たり、SNSザッピングしたり。湊斗さんは?」
「僕も同じ感じ。ちなみに、料理はするの?」
「うん、するよ。適当だけど」

ここまでは良かった。だが次の一言を聞いた途端、一瞬フリーズしてしまった。


「そうなんだ。今度、愛里紗ちゃんの手料理食べたいなぁ」
「私の手料理?」
「そうそう」

— ……なんで??

湊斗とはまだ、付き合ってもいない。しかも今日で会うのは2度目だ。どうしてそんな人に、私が手料理を振る舞わないといけないのだろう。

— これって普通なの?

私が「うわ、無理!!」と叫びたくなったのは、それだけが原因ではなかった。

「あ、もちろん愛里紗ちゃんの家でいいよ!うちに来たら勝手も違うだろうし」

— は?私の家…?

図々しいにもほどがある。彼氏ならまだしも、私の家に来ることが大前提になっている時点でおかしい。

「まずくても大丈夫だから(笑)」

加えて、なぜか上から目線の湊斗。

付き合ってもいないのに、いきなり手料理を要求してくる男の神経の図太さに虫酸が走った。

「湊斗さんは料理するの?」
「僕は全然。だから料理上手な子が、好きなんだよね」

きっと、結婚したら毎日私が料理をするのが“当たり前”なのだろう。

自分が結婚相手を“選ぶ”と思っている湊斗からすると、料理がうまいかどうかは大事な判断要素になるようだ。

だけど残念ながら、私はそれほどの関係をまだ望んでいない。

料理ができるかジャッジされるというのも納得がいかず、結婚したら相当面倒くさいんだろうなと思ってしまう。

初デートを振り返っても失礼な発言もあったし、生理的に無理だと2度のデートで悟ってしまったのだ。

— 関係性も深くないうちから「手料理が食べたい」って言う男、私は無理だわ。

そう思い、早めにデートを切り上げた。


▶【Q】はこちら:“好き”とだけ言い残し、二度のデート以降連絡が途絶えた女。男の前から消えた理由は…

▶NEXT:7月24日 土曜更新予定
どうしても本命になれない女の特徴

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/18 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます