スクールバスのドアにリュックが挟まれた女児、約350m引きずられる衝撃映像が公開される(米)

拡大画像を見る

米ケンタッキー州ジェファーソン郡で2015年5月15日、当時小学1年生だった女児がスクールバスを降車中、背負ったリュックをドアに挟まれてしまい約350メートル(1147フィート)引きずられた。

バスは時速約40キロで走行しており、この事故で女児は心的外傷後ストレス障害(PTSD)や左脚の永久的な神経損傷に苦しんだ。また両脚の皮膚の一部を喪失するなど身体の12%に酷い擦過傷を負い、数回にわたる手術にも耐えてきた。

バスを運転していたのはメリンダ・サンダース(Melinda Sanders)で、事故から約1か月後に解雇されたが、女児の母親は2018年にメリンダと通学していたウィルカーソン・トラディショナル・エレメンタリースクール(Wilkerson Traditional Elementary School)の学区を相手に損害賠償などを求めて訴えを起こした。

こうして今月13日、最初の民事裁判が行われ、当時のバス内部の監視カメラの映像が公開された。

動画では女児が降車すると、スクールバスの両開きのドアにリュックが挟まれてしまうのが見て取れる。女児は一度振り返って運転席を見ているが、メリンダは隣に立っている生徒との会話に忙しいのか、女児には一度も目をやることはなかった。

そしてバスが走り出すと、女児はリュックが挟まれた状態のまま両手を横に広げ、懸命に足を動かしている。しかしバスのスピードに追い付けなくなって倒れてしまい、バスに引きずられてしまうのだった。

『NewsNation Now』によると、メリンダが女児の異常を知ったのは1台の車がバスの目の前に車を侵入させて停止したためで、それまでの約1分弱の間は他の車がクラクションを鳴らしたりしたものの全く気付かなかったという。

この日の裁判では「一時停止すべきところを止まらなかった」「走行中には生徒全員が着席しなければならないが徹底できていなかった」など、メリンダが16もの違反をしていたことが明らかになり、同じ学区のバスの運転手で指導員でもあるカトリーナ・フェラルさん(Katrina Ferral)は次のように述べて失望を露わにした。

「バスの運転手は生徒の降車を確認してからドアを閉めなくてはならない。また降車後はミラーを見て、生徒がバスから約3メートル(10フィート)離れてからバスを発車させることが義務付けられている。しかしながらメリンダはこれらを全く遵守しておらず、今回の悲惨な事故につながった。」

なおメリンダは裁判で「あの日、規定をきちんと守っていれば…と後悔している。できるならあの日に戻ってやり直したい」と述べたが、この動画を見た人たちのコメントはメリンダに対し非常に厳しいものだった。

「100%バスの運転手が悪い。」
「6年前の事故の裁判をなぜ今頃やっているのか? 運転手は刑務所に行くべき。」
「信じられない事故だ。女児のトラウマを思うとつらい。」
「女児の命があったことは奇跡。」
「見ているのがつらい動画だった。」
「バスの運転手としては最低だ。」
「なぜ気が付かなかったのか。残念でならない。」

ちなみに昨年2月にも、米オハイオ州の「ハイウェイパトロール」が衝突事故で横転したスクールバス内部の動画を公開して話題となった。バスの中で座っていた高校生たちはシートベルトをしておらず、まるで紙切れのように宙を舞っていた。

画像は『NewsNation Now 2021年7月14日付「Watch: New video shows Kentucky girl’s 2015 dragging by school bus」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 7/18 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます