【愛オークス】ディープインパクト産駒スノーフォール、今日も8.1/2馬身差の大楽勝!/海外競馬レース結果

拡大画像を見る

 現地時間17日、アイルランドのカラ競馬場でG1・愛オークス(3歳牝・芝2400m・8頭立て)が行われた

 中団馬群の中でレースを進めた1番人気スノーフォール(Snowfall、牝3、R.ムーア騎手)は、直線で前が開くと楽な手応えで前へ進出。瞬く間に後続を突き放し、4番人気ディヴァインリー(牝3、W.ローダン騎手)に8.1/2馬身差の圧勝を収めた。勝ちタイムは2分34秒36(良)。

 1・2着馬、さらに4着のウィロー(牝3、S.ヘファナン騎手)もエイダン・オブライエン調教師の管理馬。3着ナイセスト(牝3、G.ライアン騎手)はエイダン師の次男ドナカ師の管理馬だった。

 スノーフォールは父ディープインパクト、母ベストインザワールド、母の父Galileo。伯母に2016年の凱旋門賞馬ファウンドがいる血統。日本のノーザンファームの生産馬(欧州で生産者の基準となる母馬所有者はRoncon, Chelston Ire & Wynatt)。

 今年はミュージドラS(英G3)、オークス(英G1)に続き重賞3連勝。前走オークスを16馬身差で圧勝したのに続き今回も並外れたパフォーマンスで、英愛オークス連覇を果たした。通算成績は10戦4勝。

関連リンク

  • 7/17 23:59
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます