【ジュライS結果】ケンシンコウが5馬身差で圧勝

拡大画像を見る

 17日、福島競馬場で行われたジュライS(3歳上・L・ダ1700m)は、中団でレースを進めた丸山元気騎手騎乗の5番人気ケンシンコウ(牡4、美浦・小西一男厩舎)が、3〜4コーナーで前に取り付くと、直線では先頭に立って後続を突き放し、2着の1番人気メイショウハリオ(牡4、栗東・岡田稲男厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒0(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気デアフルーグ(牡5、美浦・鈴木伸尋厩舎)が入った。なお、3番人気スマートセラヴィー(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)は14着に終わった。

 勝ったケンシンコウは、父パイロ、母マトゥリアルカ、その父クリプティックラスカルという血統。前走の平安Sでは15着だったが、鮮やかな巻き返しを見せた。

関連リンク

  • 7/17 15:57
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます