「vto」ってどういう意味?《正しい意味と使い方》を今のうちに知っておこう!

みなさんは、「vto」という言葉の意味を知っていますか?ビジネスシーンで使われている言葉なので、見たことがない人もチェックしておきましょう♪「vto」の意味を、使い方や成り立ちと併せてお教えします。

「vto」の意味


「vto」とは、”ボランティア休暇”という意味の言葉です。会社側が従業員に提供する有給休暇で、非営利団体でボランティア活動をするためのものです。そのボランティア休暇のことを、「vto」という言葉で表すことがあります。一般的に使用されている言葉ではありませんが、使われているシーンもあるので知っておきたいところです。また、英語では「vto」と省略されている言葉が多く、「垂直離陸」という意味での「vto(vertical takeoff)」や、「電圧調整発振器」という意味での「vto(voltage tuned oscillator)」などがあります。

「vto」の使い方


たとえば、従業員の非営利団体でのボランティア活動のために有給休暇を取り入れている会社のことを、”「vto」を取り入れている会社”と短く表現することができます。実際にその有給休暇をとったときには、”「vto」をとった”と言うことができます。「vto」を取り入れている会社に勤めている人なら、使用するシーンに出会うことも多いかもしれませんね。

「vto」の由来・成り立ち


「vto」とは、英語の表現の頭文字を取った略語になります。もとは「volunteer time off」という言い回しで、それぞれの頭文字を取って「vto」となりました。「volunteer」は「ボランティア」、「time off」は「休み(学校や会社の)」のことです。そのまま直訳するだけで、「vto」の意味とされている「ボランティア休暇」になります。

いかがでしたか?


「vto」という言葉に出会ったことがない人でも、もしかしたらこれから使うことがあるかもしれません。そのときのために覚えておくと役に立ちますよ。ビジネス英語で使われている略語は、知っていないとなかなか意味がわからないものばかり。今回ご紹介した「vto」以外にも、興味がある人は調べてみてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/17 21:45
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます