「ドライブ・マイ・カー」カンヌでW受賞 村上春樹氏小説が原作

拡大画像を見る

 村上春樹氏の小説を濱口竜介監督、西島秀俊主演で映画化した「ドライブ・マイ・カー」(8月20日公開)が、仏南部で開催中の第74回カンヌ国際映画祭で、17日(日本時間18日未明)の授賞式を前に、独立賞の「国際映画批評家連盟賞」と「AFCAE賞」を受賞した。

 国際映画批評家連盟賞は、日本映画としては黒沢清監督の「回路」(2001年)以来、20年ぶりの受賞。2019年に設立されたAFCAE賞はフランスの独立興行主たちの連合組織「AFCAE」により選ばれる賞で、ポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」(2019年)はここでの受賞から最高賞のパルムドール受賞へと進んだ。

 「ドライブ・マイ・カー」はコンペティション部門に出品されており、公式上映後の評判は「悲しみと再生について描いた、深い感動の物語」(バラエティ)などと上々。今回のW受賞で、パルムドールに向けてさらに弾みをつけた形だ。

関連リンク

  • 7/17 22:43
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます