松重豊“井之頭五郎”、パフェに心奪われ仕事どころではなくなる…

拡大画像を見る

松重豊が主演する『孤独のグルメSeason9』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第2話が、7月16日に放送。今回は、小堺一機と松尾諭がゲスト出演する。

本作は、作・久住昌之、画・谷口ジローによる同名漫画が原作。松重演じる輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。なお、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」にて、『孤独のグルメSeason4』(2014年)が期間限定で配信されている。

第1話で、空腹の五郎は「とんかつ屋」へ入店。放送後、ボリューミーな揚げ物をほおばる松重の姿に、ネット上では関連ワードがトレンド入りするほどの盛り上がりを見せていた。

<第2話あらすじ>
仕事で神奈川県の二宮駅に訪れた五郎(松重)は、商談までまだ時間があり喫茶店で仕事をすることに。お店のメニューには、自由に組み合わせが選べるオリジナルパフェの文字が! 仕事どころではなくなった五郎。悩みに悩み決められない五郎は店員に紙をもらい、ある作戦でパフェを決めることに。しっかりパフェを満喫した五郎は喫茶店を後にし、商談先に向かう。

取引相手の南将太(松尾)は、奥さんのいないところでは口が達者だが、奥さんが来ると急に黙り込んでしまうのだ。南と商談を終えた五郎は気づけばすっかり空腹に。店を探すことにするが、なかなか店が見当たらず、さっきの喫茶店に戻ることを考える。

すると、はるか前方に「金目の煮付」と書かれたのぼりを発見する。心惹かれた五郎はその店にむかうことに。

海沿いに建つ「魚料理屋」で五郎は新たな食べ方を開発する!?

関連リンク

  • 7/15 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます