「クモを退治して」の依頼に応じたAmazon配達員に絶賛の声「彼は救世主」(米)

拡大画像を見る

今月12日のこと、米テキサス州サンアントニオ在住のグウェン・サンチェスさん(Gwen Sanchez)は玄関前に現れた大きなクモに頭を悩ませていた。「午前7時頃、インターホンに設置されたカメラにクモが這っていることに気付きました」とクモ嫌いのグウェンさんは明かす。

外からインターホンを映した画像には大きなクモが鎮座しているのが分かり、家の中からカメラを覗くとクモの長い脚が映り込んでいた。

困り果てたグウェンさんはAmazonでネットショッピングをした際、配達場所の詳細を記入する欄に「ゴミ箱の近くにあるガレージの前に荷物を置いてください。玄関ポーチに大きなクモがいてそこから動こうとしないので、怖くて玄関から出られないんです。もしクモを退治してくれたら嬉しいです」と期待を込めて書いてみたという。

配達とはまったく関係のないお願いだったが、これを見た男性配達員はグウェンさんの依頼通りにしたのだ。

当時の様子を捉えた動画には、男性の配達員がやって来て玄関の目の前に荷物を置くと、天井を見上げてクモを探す姿が映る。すぐに発見した配達員は片方の靴を脱ぐと、その靴を使って上の方にいたクモを叩き落とした。落下したクモの存在も確認し、念入りに叩いて退治する様子も捉えられていた。

また投稿された動画では聞こえないが、グウェンさんによると配達員はクモを見つけた時に「大きいな」と呟いていたそうだ。

この配達員にとってはクモ退治など些細なことだったかもしれないが、家から出られないほど怯えていたグウェンさんにとっては配達員の姿がヒーローのように見えたのだろう。

グウェンさんがこの動画を自身のTikTokに投稿すると、現在までに1200万回超の再生回数を記録するほど大反響を呼んだ。コメント欄には「マントをしていないヒーローもいるんだ」「Amazonって本当に何でもしてくれるね」「この配達員は救世主だよ」と絶賛の声が集まっている。

その後、グウェンさんは一部の人から届いた「クモを殺してしまうのは可哀そう」というコメントを見て、動かなくなったクモをスコップですくい上げ、玄関脇の茂みに小さなお墓を作ってそこへ埋葬した。

なおクモを退治してくれた配達員にお礼をしたいグウェンさんだが、その後は再会していないという。グウェンさんは玄関先に「クモを退治してくれたAmazonの配達員さん、ありがとう!」と書いたホワイトボードを置いた。

さらにTikTokの投稿には、ユーザーから「配達員は独身なのか」「彼には10億ドル(約1100億円)ボーナスをあげたい」などの声も届いた。グウェンさんはホワイトボードに「TikTokであなたのことが話題になっていますよ」とも記していたが、最新の投稿では「彼を見つけました! 近日中にアップしますね!」と報告している。

画像は『Spider Gwen 2021年7月14日付TikTok「Help me find this driver so I can thank him!」、2021年7月15日付TikTok「For the people saying he didn’t deserve to die」「Reply to @gwenniesanchez Part 2?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/17 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます