高橋健二さん死去 83歳「ブルー・コメッツ」ベーシスト

拡大画像を見る

 「ブルー・シャトウ」の大ヒットで知られるグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のベーシスト、高橋健二(たかはし・けんじ、本名隆=たかし)さんが13日に病気のため亡くなっていたことが17日、分かった。83歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行う。所属事務所によると、高橋さんはかねて持病があり、3~4年前からは活動をセーブして自宅療養で通院していたが、13日に体調が急変。救急搬送されたが、13日午後3時46分に息を引き取ったという。

 今年4月にブルー・コメッツとして生配信ライブを行ったのが、最後の活動となった。同グループはリーダーでドラムス担当のジャッキー吉川さんが、昨年4月に死去している。

 高橋さんは1962年に「ブルー・コメッツ」に加入し、66年に「青い瞳」でデビュー。67年発売の「ブルー・シャトウ」が大ヒットして、日本レコード大賞を受賞した。

関連リンク

  • 7/17 17:44
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます