大神いずみアナ「スーパーJ」熱湯水着拒否で炎上 事情語り憮然「ひどい」

拡大画像を見る

 元日本テレビの大神いずみアナウンサー(52)が15日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演。中村仁美、神田愛花アナらも出演し激しいトークが飛び交った番組で、バラエティー中心でレギュラー10本時代もあった局アナ時代を振り返った。

 新人時代も、普通の初仕事は「初鳴き」で天気予報などだが、「辛い研修が終わったその夜に、私は心霊体験バスツアーってのに行かされました」と明かした。新人の時に「お笑いウルトラクイズ」でビートたけしと共演している写真も紹介された。

 一方で、浜田雅功から「スーパージョッキーでなんかあったやん」と聞かれると、「ひどいんですよ」と応じた。「スーパージョッキー」名物だった熱湯コマーシャルのコーナーで、ルーレットに当たって水着に着替えて熱湯風呂に入ることになったが、当時「会社の規定で(アナウンサーが)水着になっちゃいけないって規定ができたばっかりだったんです」と説明。

 このため「だから私は当たっても絶対にできないから『え~っ』『困りますぅ~』とか言って、ちょっと困った感じで、『えーん』とかって泣いたりして拒否してたんです」と、なんとかかわして、熱湯風呂にも入らなかったことを明かした。

 入れないことは「分かってたことなのに」と納得いかない様子で、このため「それを見た視聴者が『ワガママ』って」と抗議がきてしまったことを明かした。

 「大炎上!入湯拒否」のテロップが流れる中、「ずうっと大神はワガママ、お風呂に入らなかった、水着にならなかった、っていう」「会社員だから仕方なくないですか?スタッフもいまはセクハラとかパワハラとかいろいろあるけど、当時は平気だった」と語っていた。

関連リンク

  • 7/17 17:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます