餅田コシヒカリ、牛脂の食べ過ぎか? もうすぐ体重100キロ到達も、食べないと「精神が不安定に」

拡大画像を見る

2018年にダイエット本『4ヵ月でここまで痩せました! 餅田コシヒカリのダイエット日記』を出版し、身長149センチ・体重87キロからマイナス22キロの減量に成功した餅田コシヒカリ。しかし15日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場した餅田は、司会の矢部浩之(ナインティナイン)が「体パワーアップしてるよね」と声をかけるほど体が大きくなっていた。現在の体重は90キロを大幅に超え、もうすぐ100キロに到達しそうだという。

このダイエット期間に餅田が食べるのを我慢していたのが、白い油脂の塊「牛脂」である。牛の脂肪を精製して固めた牛脂はスーパーの精肉コーナーなどで手に入れることができるが、餅田曰く「スーパーの牛脂は焼くとすぐ液体化する」ために物足りなくなり、高級な牛肉店で塊で買い求めるようになった。ただし牛肉と合わせて3~4万円の出費となるので、給料日にしか手が出ないとのこと。多い時で週7は牛脂を食べているという餅田は、牛脂を主役にした料理も考案している。その自信作を矢部やマツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ)ら同番組のレギュラー陣に試食してもらうことになった。

1品目は、ご飯に溶かした牛脂を染み込ませ高級店で買った牛脂を細かく刻んだものをトッピングした「牛脂ご飯」だ。これにわさび醤油をかけて食べるのだが、マツコは「不味くはないけど、白いご飯の方がいい」、矢部美穂は「油っぽいだけ」との感想だった。だが2品目の「牛脂のテールスープ」、3品目の「もつ煮風牛脂」が大不評。テールスープに至っては匂いを嗅いだだけでマツコはえずきそうになり、それでも一口飲んだが「醤油をたらした油」だと顔を歪めていた。

餅田の相方・小野島徹によると、ダイエット中は牛脂を絶っていたが精神が不安定になり、ちょっとしたことで大泣きしたりするので対応が大変だったそうだ。また「最近、日本に来た?」とマツコに言われるほど彼女は質問の内容が理解できなかったり、何度も聞き返したり、何を聞かれていたのか忘れたりと質問役の山里亮太を困らせる場面が度々あった。小野島も餅田の理解力のなさに辟易しているらしく、会話が成り立たないと嘆いていた。

なおツイッター上では「餅田コシヒカリ可愛くて好きだけど、牛脂生活続けてたら体、壊しそう」「牛脂食べ過ぎと急激なダイエットから一気にリバウンド、コレステロール半端ないですし血管詰まって大変なことになりますよ」「マジでなんかの健康番組でも出て頭調べてもらった方がいいよ。あの若さであれはマジで心配になる。話がわからない、忘れるのは牛脂のせいなのか?」と牛脂の食べ過ぎによる健康への悪影響を心配する声が見受けられた。

画像は『餅田コシヒカリ 2021年5月24日付Instagram「この間の衣装がいつも着ない感じで可愛かった」、2018年2月15日付Instagram「今日の撮影本当に楽しかった!!!」、2021年4月5日付Instagram「「中島由貴とミライアカリの女子会ですが」に出演させてもらいました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 7/17 15:23
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます