代々木公園に出現した巨大顔面アートで伊藤潤二先生の「首吊り気球」がトレンド入り 「ソノラマ+」で期間限定公開

拡大画像を見る

7月16日、代々木公園の樹々の上に謎の巨大な顔面が出現した。ミュージシャンの西川貴教さんは、

朝起きたら代々木公園に女型の巨人いるんですけど…こ… 怖い…

とツイートし画像を数点投稿。インパクト大の画像はたちまち拡散される。後に、現代アートの作品だと判明し、SNSには次々と画像が投稿されていた。

参考記事:
西川貴教さん「朝起きたら代々木公園に女型の巨人いるんですけど…こ… 怖い…」画像をツイートし反響
https://getnews.jp/archives/3058674[リンク]

Twitterでは、伊藤潤二先生のホラー漫画「首吊り気球」のようだという声が多く聞かれ、「首吊り気球」がトレンド入りする事態となる。

あまりの反響に、マンガサイト「ソノラマ+」は「首吊り気球」の3日間無料掲載を決定。
すばやい対応に、Twitterでは称賛の声があふれていた。

朝日新聞出版も、電子書籍の紹介を行っていたようだ。

なんとも怖い作品であるが、お読みになれば多くの方々が巨大顔面に対し「首吊り気球だ!」という反応をしたというのが腑に落ちるかと思われる。ホラー作品に免疫のある方、この機会に是非どうぞ。

※画像は『Twitter』より
『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。ツイートが見れない方はコチラ
https://getnews.jp/archives/3059274[リンク]

関連リンク

  • 7/17 12:15
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます