アリソン・ウィリアムズ、“元カレ”と絶体絶命シチュエーション!「ハラハラドキドキがずっと続く」

拡大画像を見る

巨大サメとの死闘を描き話題を呼んだ大ヒットサバイバル映画『ロスト・バケーション』 の制作陣が、今度は空を舞台に再びスリリングなサバイバル劇を描く『元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件』。この度、元カレと小型機に同乗する主人公サラを演じた『ゲット・アウト』アリソン・ウィリアムズの特別インタビュー映像がシネマカフェに到着した。



HBOのテレビシリーズ「GIRLS/ガールズ」のマーニー役で一躍ブレイクを果たし、その後アカデミー賞の脚本賞を受賞した『ゲット・ アウト』やベネディクト・カンバーバッチ主演「パトリック・メルローズ」などの有名作へのオファーが絶えないアリソン・ウィリアムズ。


本作では自由で勝気な主人公を演じ、小型機を操縦したり、『ミッション:インポッシブル』ばりに主翼にしがみついたりと、これまでにない激しいアクションの連続を演じ切り、「ハラハラドキドキする場面がずっと続く」「映画が始まったら実生活を全て忘れてしまう作品」と本作の魅力や見どころを語っている。


友人の結婚式のため、小型機でインド洋に浮かぶ南の孤島へ向かうことになったサラ。タイミング悪く、偶然乗り合わせたのはかつての恋人で、いまは気まずい関係のジャクソン。内心穏やかでないものの、目の前に広がる真っ青で美しい海と一面の快晴に弾む心は抑えられず、空の旅は始まった。しかし、離陸直後パイロットが心臓発作により急死。自動操縦は機能せず、GPSは故障。通信機能も途絶え、前方には追い打ちをかけるように巨大乱気流まで迫る。絶体絶命の窮地に立たされた2人が生き残るためにとったまさかの行動の数々に注目だ。


『元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件』は8月6日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件 2021年8月6日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開
© 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連リンク

  • 7/17 12:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます