ヌーノ新監督、ベイルのトッテナム復帰を否定「我々のスカッドには入らない」

拡大画像を見る

 トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督は、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの去就について語った。16日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 今季ウルヴァーハンプトンからトッテナムの新監督に就任し、16日に新天地での初となるプレスカンファレンスに出席したヌーノ監督。同胞ジョゼ・モウリーニョ監督の後継となった同指揮官は、昨シーズンにレンタル移籍でレアル・マドリードから復帰してきたベイルの去就に関して問われると「彼は我々のスカッドには入らないよ」と口にし、スパーズでのプレーの継続の可能性はないことを明言した。

 またヌーノ監督は、新たな環境での活動に対して、「私はここにいて、ここが私が望んでいる場所なのだから、とても幸せだ」と、プレシーズンの充実ぶりを強調。トッテナムは17日に、新体制となって初のトレーニングマッチとなるレイトン・オリエント戦を迎える。

関連リンク

  • 7/17 11:44
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます