【100均検証】タイのダイソーに行ってみた! 日本では見たことのないオリジナル商品も多数発見!!

拡大画像を見る

海外旅行に行ったら、その地の100円ショップをパトロールするのは常識だぜぇ〜! ということで、約1年前に行ったベトナムのダイソーに続き、今回はタイ・バンコクのダイソーをパトロールしてみることにした。

チェックしたのは2店舗。サイアムスクエア店と、ターミナル21店だ。どちらも規模は同じくらいで、売っている商品もほぼ同じ。しかし両店をくまなく見て回った結果、“タイのダイソーの特徴” を見極めたりっ!!

・200円ショップ

まず大きな特徴は価格である。「100円均一」ではなく「100円から」な日本のダイソーと同じく、タイのダイソーも「60バーツから」となっている。日本円にすれば約209円。よって感覚的には「200円ショップ」だ。193円ショップのベトナムより少しだけ高いが、品揃えは大違いだった。

・ビューティー&ビューティー

店内をまわって、まず思うのが「化粧品が多いなぁ〜」ということ。店内の4分の1ないし3分の1は化粧品なのでは? ってくらいに多い。しかもだ。日本では見たこともない「ダイソーオリジナル」の化粧品がワンサカと売られているのである。女性であれば楽しめることマチガイナシだ。

・日用品が充実している

お化粧品以外の場所は、主にガチめの日用品で店内は埋め尽くされている。余裕ある陳列だったベトナムとは違い、もう「ギューギュー」レベルで壁一面が日用品なのだ。軍手に南京錠に工具全般に鳥よけネット。売っている商品は日本と同じものが多いが、タイらしいセレクションだ。

・調理器具も充実

もうひとつ充実していたのが調理器具。鍋やフライパンなどは謎の充実度を誇っていた。特に目を見張ったのは、弱火専用ながら「HI・ガス兼用」の鍋が売られまくっていたこと。ラベルには日本語が書いてあるのだが、こんなの日本で売っていたっけ……?

ほかにも様々な特徴が見えたのだが、あとは記事下に羅列する画像とともに解説したい。

タイでもダイソーはダイソーだった。しかしベトナムとは違うダイソーがそこにはあった。圧倒的なまでのビューティー系! 各国ダイソー巡り、なかなか楽しい!٩( ᐛ )و

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

関連リンク

  • 9/10 9:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます