最後のダニエル版ボンド『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』遂に始動!北米に先駆け10月1日日本公開決定!

拡大画像を見る

全世界待望の「007」シリーズ 25 作目、最後のダニエル版ボンドとなる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が10月1日(金)から北米に先駆けて日本公開されることが決定。公開まで”77日”!カウントダウンスタート!

この度、全世界待望の「007」シリーズ 25 作目、前作『007 スペクター』から実に 6年の時を経て、シリーズ最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が 、2021年10月1日(金)から日本で公開されることが決定した。

当初2020年4月の日本公開を予定していた本作。MGM、ユニバーサルならびに本作の製作を務めるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリにより全世界の映画興行における状況を検証した結果、3度の公開延期が発表されましたが、このたびついに公開日が10月1日(金)に決定、さらに北米公開よりも先駆けて上映される予定だ。

© Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc..All Rights Reserved.

本情報が解禁される日は、“007”にちなみ、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本公開日の ”77日前”。多くの熱狂的な007ファン、映画ファンが長きにわたり待ち続けた劇場公開に向け本格的に始動する。

早速、本日午前8時から『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念スペシャルサイト「#007 待ちきれない」を立ち上げ、本作を劇場で観ることを心待ちにして期待で破裂しそうな各界のファンから寄せられた数々の期待コメントを掲載予定とのこと。ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド、最後にして集大成。もう待たせない。「ついに、時は来た」。

© Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc..All Rights Reserved.

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、シリーズ 21 作目『007/カジノ・ロワイヤル』(06)から最新作までの 5 作でジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグにとって最後のボンド役となる。『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(15)、TV シリーズ「トゥルー・ディテクティブ」のキャリー・ジョージ・フクナガが監督を務め、さらに『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でアカデミー賞®主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックがシリーズ最凶の悪役として抜擢された。さらにレア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズら豪華キャストが出演する。

シリーズお馴染みのビッグアーティストの主題歌には、ビリー・アイリッシュを起用、本楽曲『ノー・タイム・トゥ・ダイ』はグラミー賞最優秀映像作品楽曲賞を受賞した。前作『007 スペクター』(興収約 30 億円)から 6年ぶりの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は日本では 10 月 1 日(金)から全国公開。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2021年10月1日(金)全国ロードショー

関連リンク

  • 7/16 11:17
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます