菅首相 西村大臣の酒類提供制限発言を謝罪「不安、混乱生じさせ申し訳ない」

拡大画像を見る

 菅義偉首相が17日、日本テレビ系「ウェークアップ」にゲスト出演。飲食店の酒類提供制限を巡る西村康稔経済再生担当相の発言について「結果的に飲食店や酒販売店の皆さまに不安、混乱を生じさせてしまったことを申し訳なく思う。内閣全体としてそうしたことのないようにと思っている」と謝罪した。

 その上で「飲食店で酒を提供することは感染対策の肝になる。飲食店で(客が)酒が入るとマスクを外して会話することが危険だと専門家委員から指摘されている。飲食店対策をどうするかと正直、なってしまう」と政府として感染対策の決め手について葛藤が続くことを示唆した。

 感染を抑えるための明確なルール作りをすべきでは、という問いに対しては「官房長官時代から、緊急事態に対して強力な法整備ができていないと痛切に感じている」と認め「緊急に対応することができなかったり、ワクチン認可についても極めて時間がかかる手続きを踏まなければならない。さまざまな問題があり、法改正を含め一段落したら対応したい」と法改正にも言及した。

関連リンク

  • 7/17 10:40
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます