山田美保子氏「ボイス2」が高評価の「まっすー」

拡大画像を見る

 【山田美保子のミホコは見ていた!】

 10日にスタートした“タイムリミットサスペンス”、「ボイス2 110緊急指令室」(日本テレビ系)。19年7月期に続く今作も主演は唐沢寿明、ヒロインは真木よう子。真木が演じる「橘ひかり」は絶対聴感をもち、通報者の声や周辺の音から、迫る危機や居場所などを導き出す。そして唐沢が演じる「樋口彰吾」は、「ハマの狂犬」と呼ばれる班長。そんな彼を「兄貴」と慕い、バディを組んでいるのがNEWSの「まっすー」こと増田貴久である。

 唐沢との出会いを「とても大きな出来事」とし、「お世話になっている」と明かした増田。面倒見のいい唐沢と、人懐っこい増田は、プライベートでも兄弟分であるようだ。

 増田は、演じる「石川透」についても、深く理解をしていて、2年前に抱えた“罪の意識”を月日がどう変えたのか。心の変化に寄り添いながら、「優しく強い透ちゃん」を演じたいと意気込む。

 ドラマスタッフによれば、増田はとにかく真面目で、台本を深く読み込んで現場にくるとのこと。真面目で優しく強いといえば、まさに“まっすー”そのものではないか。

 「あれほどアイドルとしての自覚をもっている人はいない」とは、増田を長年取材してきた女性記者の弁だ。歌の上手さやパフォーマンス、キレのあるダンス、衣装からトークに至るまで「完璧」だというのである。

 いま、各局で盛んに行われている大型音楽特番における増田を見ていても、それがよくわかる。シャッフルやコラボでNEWS以外の曲を担当する際、増田はオリジナルの振りを完璧にマスターして歌いきるのだ。他グループのファンにとっても、それは「まっすー、ありがとう」と思える瞬間だと聞く。

 私は放送作家でもあるため、増田のバラエティー力も高く評価している一人だ。「ネタパレ!」(フジテレビ系)や「ゴチになります!」(日本テレビ系)で多くの芸人と直に関わっているからだろう。「踊る!さんま御殿!!」(同)にピンで出演する際の明石家さんまとのやりとりやテンポなどは惚れ惚れするぐらいだ。でも7月期は「ボイス2~」を堪能するつもり。「透ちゃん」と「まっすー」に注目だ。

関連リンク

  • 7/17 10:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます