別れを踏みとどまった彼氏からのプレゼント9パターン

彼女の心がひとたび離れ始めると、なにをやっても取り戻すことができないように感じてしまうもの。しかし、「予想外のプレゼント」によって起死回生に成功するケースもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性へのアンケートを参考に「別れを踏みとどまった彼氏からのプレゼント」をご紹介します。

【1】ずっと前から欲しいと言っていた「ブランド品」
「憧れのアイテムだから嬉しいってのもありますが、何より覚えててくれたことが…」(20代女性)というように、彼女がずっと憧れていたブランド品を贈るパターンです。特に高いものでなくても、「普段の彼女の言動をしっかり覚えていた」ことが重要でしょう。

【2】心から気を許してくれていることがわかる「合鍵」
「今まであまり家に呼んでくれなかったのに!と嬉しくなりました(笑)」(20代女性)というように、自由に家に出入りできる合鍵を贈るパターンです。特にあなたの家が彼女のオフィスに近いなど、利便性も高ければ、喜びだけでなくメリットも感じてもらえるでしょう。

【3】いつもと違う趣向にドキッとした「バラの花束」
「普段はこんなに洒落たことができる人じゃないから、私の気持ちが冷めているのに気づいたのかな?と思いました」(20代女性)というように、バラなどの花束を贈るパターンです。「私この花好きじゃない」「この花言葉わかってるの?」などと逆効果にならぬよう、しっかりリサーチしておきたいものです。

【4】前々から行きたいと言っていた「旅行」
「忙しい彼氏が私のために時間を作ってくれたのが嬉しい」(20代女性)というように、彼女が行きたいと話していた場所への旅行を贈るパターンです。旅に出かけたら2人の時間を優先して、仕事のメールなどはあまり対応しないようにしましょう。

【5】どういう風の吹き回しか突然作ってくれた「手料理」
「男の料理って感じでしたが、彼なりにおもてなししてくれたことに感動」(20代女性)というように、サプライズで手料理を振る舞うパターンです。凝った料理に自信がなければ、野外に出かけて、温かいお茶や簡単なアウトドア料理を作っても喜ばれるでしょう。

【6】あらためて「好きだよ」としたためた「手紙」
「付き合う前は手紙をくれていたので、初心に返った」(10代女性)というように、いつもの感謝と自分の気持ちをストレートにつづった手紙を贈るパターンです。今までの思い出深いエピソードなどを加えるとより効果的でしょう。

【7】機械が苦手な自分に代わって選んでくれた「電化製品」
「しっかり調べて新しいパソコンを選んでくれた」(20代女性)というように、彼女の代わりに選んであげた電化製品を贈るパターンです。すでに相手が気に入っている電化製品があるようなら、カスタマイズや修理をしてあげるのもよいでしょう。

【8】もっと綺麗になってと渡された「美容グッズ」
「私のことをしっかり考えてくれてるんだなと思った」(20代女性)というように、彼女を美しく磨く美容グッズを贈るパターンです。ただし、相手によっては「そろそろ老いが目立つから」というメッセージに受け取られるかもしれないので注意しましょう。

【9】真剣に将来のことを考えていた「婚約指輪」
「別れるつもりだったけど、感激してゴールインしました」(20代女性)というように、起死回生を狙って婚約指輪を贈るパターンです。別れたい理由が「いつまでも結婚しようとしない」というものであれば決定打を打てるでしょう。

いずれのプレゼントも相手の性格やテンション次第で、まったく無意味だったり逆効果だったりします。しかし何の手も打たないよりはマシ。あなたなりの誠意を出し切ればきっと後悔はしないでしょう。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/17 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます