古川雄大“御曹司”をめぐり元アイドルの肉食系女子が陰湿な提案を…

拡大画像を見る

古川雄大が主演を務めるサタドラ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(テレビ東京系、毎週土曜23:25~)の第3話が、7月17日に放送される。

同ドラマは、テレビ東京が土曜23時25分に創設した新ドラマ枠「サタドラ」第三弾作品で、古川が演じる “華麗でハイスペックな御曹司バチェラー・鳴戸哲也(なると・てつや)”を7名の女性たちが奪い合うという、欲望にまみれた愛憎サスペンスドラマ。7名の女性参加者には、葵わかな、トリンドル玲奈、寺本莉緒、尾碕真花、北原里英、成海璃子、真飛聖が出演する。

第2話では、参加者の“裏の顔”が少しずつ明らかとなっていくとともに、女性たちのバトルもさらに過熱。哲也の気を引くためにいきなりキスをしたり、指を舐めたりという過激すぎるアピールシーンがあり、SNS上では「あざといを通り過ぎて怖い」「指舐めはヤバイ! エロすぎる」「この露骨なアピール……恐ろしい女」などの反応がみられた。

<第3話あらすじ>
さらに1人が脱落し、残された女性たちはあと5人。今回はリゾートパーク内デート企画が行われることに。くじで勝った志倉若菜(葵わかな)と森下一香(尾碕真花)がピクニック、遊覧船クルーズを満喫。

その一方で、デートに参加できず焦りを感じた女性たちは、一ノ瀬りお(寺本莉緒)の提案をきっかけに、ある企みを……。

少しずつ女たちの秘密が明らかとなり、物語が複雑に動き始める。

関連リンク

  • 7/17 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます