EXILE白濱亜嵐「日焼け・ヒゲ」拒否でラストLDH・数原龍友と大モメ

拡大画像を見る

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐(27)が7月12日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP』(日本テレビ系)で、数原龍友(28)と容姿についてやりあっていた。

 この日は、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーをゲストに迎え、さまざまなトークを展開。MCを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(51)が「LDHの中で毛色が違うって言われてるの?」と尋ねると、白濱亜嵐(27)は、EXILEは日焼け、マッチョ、サングラスのイメージが強いが、自分たちは色白で、「今までのEXILEのイメージとはちょっと違うっていうこと」と説明した。

 そんな中、グループで唯一、小麦色に日焼けし、あごヒゲにサングラスという出で立ちの数原は子どもの頃、こうしたEXILEのスタイルに憧れていたと回想。いまでも、そのスタイルにこだわりをもっているそうで、「この僕がいることで“あのグループ、LDHのグループだ”ってなればうれしいなと思っている」と“正統派LDH”であることをアピールした。

 さらに、数原は従来のLDHのイメージとは異なる白濱や片寄涼太(26)について批判を連発。「すごい大好きなんですけど、僕が“もし生まれ変わってこうなりたいか?”って言われたら、絶対になりたくない」と断言すると、「顔がカッコいいやつって、ロクなやついないじゃないですか」と持論を展開し、白濱や片寄を苦笑いさせていた。

■関口メンディーも日焼けは卒業

 その後、数原はLDHの社内に日焼けマシンがあることを明かすと、「先輩たちって勝負事の前の日とかって、気合い入れるために日焼け(をした)。それを、僕も正直やってて、今日も焼いてきてます」と日焼けしてから収録に臨んだことを告白。一方、白濱も日焼けマシンを使ったことがあるそうだが、すでに利用していないという。その理由について、白濱は「肌荒れがすごくするんですよ。将来、おじさんになったときにシワシワになるの嫌だなと思って」と説明し、スタジオの笑いを誘っていた。

 このように、白濱や片寄にかみついていた数原だったが、昨年7月29日放送の『バナナサンド』(TBS系)では、日焼けをやめてしまったという関口メンディー(30)にも不満を炸裂。関口が「肌に悪いかなって思って」と日焼けをやめた理由を説明すると、かつて一緒に日焼けサロンに通っていたことがあるという数原は「なに言っちゃってんの、マジで、どうした?」と肌荒れを心配する関口にあきれ返っていた。

 グループのリーダーということもあり、今回、数原からボロクソに言われてしまった白濱だが、俳優として活躍しているだけに、役作りを考えると、日焼けやヒゲは難しいかもしれない。そんなリーダーに代わって、ぜひ数原には“正統派LDH”のスタイルを貫き通してほしいものだ。

関連リンク

  • 7/17 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます