粗品「災害失言」「まな板事件」「暗転ゲンカ」も!!“低視聴率”霜降り明星に「実は犠牲者」同情の声

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・霜降り明星の粗品(28)が、7月9日深夜放送の『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で大規模土石流の被害に遭った静岡県熱海市について「熱海が終わったもんな、雨で」と発言したことが、いまだに関係各所に波紋を広げている。

 7月14日、番組を放送するニッポン放送の檜原麻希社長はオンラインで定例記者会見を行い、「誤解を受ける発言で、局として大変残念」と語り、「みなさまにもご心配をおかけし、お詫びします」とリスナーに向けても謝罪。

 当該の番組内で「現在も安否の不明な方がいる中で、配慮のない発言をしてしまい申し訳ございません。取り消してお詫びいたします」と謝罪した粗品本人については、「番組終了後、プロデューサーから厳重注意した。深く反省していると聞いている」とコメント。

 今後の対応として「自由に話せる分、パーソナリティの責任も大きい。局のほうから伝えていくことも大事」と語った。

「今回の一件で、粗品本人のみならず『オールナイトニッポン』の各曜日を担当する菅田将暉(28)、星野源(40)、ナインティナイン、オードリーといったパーソナリティ全員が、ラジオでの表現に関する勉強会、講習に参加することになったといいます」(芸能プロ関係者)

 渦中の粗品は7月14日放送の『2021FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)に出演し、ファーストサマーウイカ(31)とともに同局系ドラマ『#コールドゲーム』の主題歌『帰りの花のオリオン』を披露。

 しかし、視聴者からは「粗品どの面下げて出たの?」「この失言はノリで済まされない FNS歌謡祭に出てて驚いた 本人の言葉で謝罪はないの?」「霜降り明星の粗品は、実力が無いのにコネで持ち上げられて、天狗になってる」といった厳しい声が寄せられた。

■“まな板事件”に続き、粗品ブチギレの“暗転事件”も

 粗品については、5月14日に放送された『新しいカギ』(フジテレビ系)の収録の際、焼肉を食べながらトークをするコーナーで、用意されたまな板をADが本番直前に洗剤で洗ってしまうということがあり、粗品がそれに激怒。「営業前の焼肉店で、洗剤でまな板を洗うなんてありえない。新しいのを用意して」となり、スタッフのなだめも通じず、まな板を急きょ買いに行くことになり、“まな板待ち”で収録時間が数時間止まってしまったという“まな板事件”が勃発していたとも報じられたばかり。

 お笑い第7世代のトップをひた走る霜降り明星だが、粗品のラジオでの非常識発言、まな板事件も大々的に報じられ逆風状態にある。そんな粗品については、さらにさまざまなトラブルも聞こえてきている。

「粗品さんは多くの制作スタッフと衝突していますよ。彼が台本や事前の準備を見て言う“これ、ちゃいますねー”という言葉が悪夢になっている人も多数いますね。

 少し前ですが、爆笑問題と出ていたお笑い番組で、他の出演者と同様、霜降りがネタを披露する回があったんです。そのネタはラストに暗転させて(舞台の照明を消して)終了という流れで、粗品さんが“サインを出すからそこで暗転させてくれ”とスタッフに伝えていたそうです」(制作会社関係者)

 しかし、霜降り明星は今や各方面に引っ張りだこ。仕事が忙しすぎて、ぶっつけ本番でネタを披露することになったという。

「本番で、粗品さんがサインとなるセリフを言うのを忘れてしまったそうで、それでスタッフも暗転のタイミングが分からず、少しズレてしまったそうなんです。本番終了後、これに粗品さんが“サインなくてもそんなんわかるやろ!”とブチギレて、それに番組上層部も激怒。言い合いとなり、番組上層部は“二度と使うか!”と発する事態にまでなってしまったといいます」(前同)

 そんな霜降り明星は、実はレギュラー番組の視聴率も振るっていない。

 フジテレビが“社運を賭けている”と言われる『新しいカギ』だが、4月23日の初回放送は世帯視聴率4.7%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、5月14日は5.1%、5月28日は4.8%と、ゴールデン帯とは思えないような厳しい数字が続いている。

「『新しいカギ』は話題のコア視聴率も良くありません。どうやら、早くも10月改編で大きな動きがあるみたいですよ。

 また、4月からは霜降りの粗品とせいや(28)、西川貴教(50)がMCを務める『オトラクション』(TBS系、毎週火曜日19時から)がゴールデンの時間帯でスタートしましたが、6月22日の世帯視聴率は2.9%、コア視聴率も1.2%と即打ち切りレベルの数字を記録しています。

 爆笑問題と霜降りがMCを務める『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系、毎週日曜日21時55分から)も7月11日の世帯視聴率は5.6%、コア視聴率2.1%と、ちょっと厳しい数字ですよね」(同)

■「霜降り明星は犠牲者」という意見も

 そんな、レギュラー番組の数字も苦しいという霜降り明星だが、実は「彼らは犠牲者ではないか」という声もあるという。放送作家が話す。

「それは昨今のテレビ界の事情があるんです。というのも、コロナ禍でテレビの現場でもソーシャルディスタンスを保つことが徹底され、街ブラロケや大勢のタレントが集まるスタジオ収録は避けられるようになってきており、そうした番組は次々に終了していきました。

 一方で、お笑い番組は急増しています。それは、お笑いコンビやトリオは家族や同居者として扱われるため、収録でもソーシャルディスタンスを気にする必要はないから。そのため、ネタ番組やお笑い番組がどんどん増えていき、霜降りの出演も以前にも増して増えてきているんです。ただ、そういった新しいお笑い番組のスタッフの中には、これまで、純粋なお笑い番組とは違う、“情報バラエティ”ばかりを作ってきたという人も少なくないんです。

 そして、その中には“お笑いには興味はないけど仕事だから”と明言する人もけっこういる。お笑いへの愛と知識がないスタッフが手掛ける、熱のないお笑い番組が増えてきているんです」

 そんなタイミングで一気にブレイクしたのが、霜降り明星だった。

「テレビ界の急変とブレイクのタイミングが合致したがゆえ、全部が全部そうではないですが、霜降りはそうした、お笑い熱が低いスタッフの番組にも出るようになったと言われています。粗品さんと番組スタッフがトラブルになるという話もいろいろと出てきていますが、その裏には、お笑いに命を捧げる粗品さんと、そこまでではないスタッフの間でズレがあるからトラブルになる、ということもあるのではとささやかれています。また、だからこそ番組の視聴率も良くないと。

 ただ、『オールナイトニッポン』での発言は言語道断ですし、ここまでトラブルが噴出しているので、世間が指摘するように粗品さんが天狗になっている部分も多少あるのではないでしょうか。しかし、“霜降りは可哀想”という声も、バラエティ界の一部ではありますね」(前出の放送作家)

 破天荒な芸風の粗品だが、今回の逆風にはたじろいでいる!?

関連リンク

  • 7/17 7:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます